> > > 世界初!?(かも知れない)SKY02SV+ゴーグルLEDスイッチ追加Mods

世界初!?(かも知れない)SKY02SV+ゴーグルLEDスイッチ追加Mods

検索してもネット上で他に例を見付けられませんでした。(載せていないだけでやってる人はいるかも?)

参考にさせて頂こうと過去にも検索した事はあるのですが、あまりにも難易度が高過ぎて諦めるのか? 他に例が無かったんです。
なんせ今回の改造はスペースに全く余裕が無い! 超タイト! 失敗したら、ケース部分がダメになるだけじゃ無く、もしかしたら本体その物も使用出来なくなってしまう様な非常にリスキーな改造なんです。
ワタクシも、実際に作業をする前にEV100で予行練習を行ったり、スイッチを探し回ったりと事前準備を怠りませんでした。(採寸なんかはせず、目で見て適当に”イケる!”と踏んで実行しちゃいましたけどwww その辺はやっぱズボラwww)

まぁ、失敗したらしたで当ブログを御覧頂いている皆様にとっては”面白いネタ”として受け取って貰えるでしょう~なんて思いながら、大胆かつ繊細な作業を実行させて頂きました。(失敗してたら今頃私は泣いてたけどネ!)

それでは先ずは主役の部材。今回も使用したスイッチはコチラ。
『12V Push Switch Self Locking Switch 4 Pin Led Push Button Switch Latching Power Switch』
12VPushSwitchSL.jpg
カラーはホワイトとブルーを用意していたのですが、今回は気まぐれで何となくブルーをチョイス。
※今ではもっと小さなこんなスイッチもある様です。

早速、SKY02SV+本体を分解。
reIMG_2777_sec.jpg
パッカーン。

先ずは上のメイン基板を外します。
reIMG_2778_sec.jpg
ネジは4カ所。(フィルムケーブルを傷つけない様に注意)

こんな感じ。
reIMG_2782_sec.jpg

右側の下段に電源ユニットがあります。
reIMG_2784_sec.jpg
スイッチの位置決めの為、よぉ~く確認。

一旦外してみます。
reIMG_2785_sec.jpg
※穴あけ作業の際は戻します。

先ずはカバーの穴あけから。
reIMG_2834_sec.jpg
内部の基板の位置を見ながら、外側にマスキングテープを貼ってマークしておきます。
※他のゴーグルと違ってSKY02SV+の場合は上下カバーの中間に穴を開ける為、上下カバーを完全に閉じた状況で作業をしなければなりません。失敗したら全て終わりですので兎に角慎重に

中心位置に細いドリルビットを使い穴を開け…
reIMG_2835_sec.jpg
そこから徐々にドリルビットを太い物と交換し穴を広げて行きます。(作業中、内部の状況を確認しながら位置を慎重に決めて下さい)

6mm位の穴まで広げたら、最後は回転ヤスリを使って様子を見ながらスイッチの径まで穴を広げます。
reIMG_2836_sec.jpg
画像や文字で説明すると、結構簡単な作業に見えちゃうかも知れませんが…実はコレ、内部は上下に基板がありその隙間が約13~14mm程しかありません。兎に角クリアランスが殆ど全く無いと思って下さい。
そこにピンポイントで12mm強(スイッチの径が12mmなので)の穴を開けるんですよ。因みにこの穴を開ける作業の際、内部で基板とスイッチが干渉しないかを確認しながら作業をしなければならない為、基板は内部に設置したまま回転ヤスリで穴を広げて行かなければなりません。下手な角度で入れたり、穴を広げ過ぎてしまったら一瞬で内部の基板を破壊してしまう非常に難しい作業でした。
※その為、他の方にはおススメ出来ない作業です。私ももう一度やって上手く出来るかどうかは自信ありません!

穴あけが終わったら上下カバーを分離して確認。
reIMG_2837_sec.jpg
ココにドリルで穴を開けただなんて…。コレを考えると、世界中を探しても他に誰もやっていないというのもうなずけます。(私みたいに無鉄砲じゃないと出来ない?w)

でもまぁ一番難しい作業がコレで終わりましたので、後は電源基板の改造をするだけです♪

それでは電源コネクタの切断から。
reIMG_2840_sec.jpg
この電源コネクタは大体どのゴーグルでも大体同じな5.5/2.1mmコネクタの汎用品ですし、簡単にどこでも入手出来るパーツですので失敗を恐れる必要は御座いません

もうザックリとカットしちゃいましょ。
reIMG_2841_sec.jpg
失敗したらしたでコレ買って取り替えりゃ良いッス。

前回EV100の時100Ωの抵抗を組み合わせて使用したのですが、今回は新しくこんなパーツも用意しました。
reIMG_2844_sec.jpg
定電流ダイオード(CRD)です。

LEDに過電流が流れない様にする為に前回は抵抗を使いましたが、抵抗の場合は入力の電圧が変わると電流値も変わってしまうという欠点があったんですよね~。
reIMG_2846_sec.jpg
SKY02SV+の場合には3S以上のバッテリーを使う事も想定される為、抵抗の代わりにこの定電流ダイオードを入れる事によって、入力電圧に関係無く一定の電流を流す事が出来るという便利なパーツなんです。

取りあえず準備。
reIMG_2847_sec.jpg
スイッチと電源コネクタの位置が近いのでケーブルは短くてOK。

スイッチ側のアサインはこんな感じ。
reIMG_2843_sec.jpg
+/-表記のある端子(左右)がLEDの電源。何の表記も無い端子(縦列)が本来のスイッチとして使う接続端子。(スイッチなので極性は無い)

ここにこんな感じで配線とダイオードをハンダ付け。
reIMG_2848_sec.jpg
ダイオードは空中配線でLEDの+側に接続。

全ての配線を接続するとこう。
reIMG_2850_sec.jpg
コレでスイッチ側の配線は終わり。

次にコネクタ側に配線をハンダ付け。
reIMG_2851_sec.jpg
LEDの-を電源コネクタのマイナス部分、スイッチのダイオードと接続した配線を切断したコネクタ上の方に。

ダイオードとブリッジした配線をコネクタの下の部分に接続。
reIMG_2853_sec.jpg
こんな感じ。

後はケースを閉じる前にテストを行って…大丈夫ですね♪
reIMG_2856_sec.jpg
内部基板に干渉する場合もあるので、一応基板上には絶縁テープを貼り付けてガードしております。

ケースを閉じればこんな感じ。
reIMG_2858_sec.jpg
イイ感じ~。


コレで(恐らく)世界初となるSKY02SV+のLEDスイッチ追加改造が完成致しました♪
reIMG_2859_sec.jpg
今後はコレを見て真似をする人が…中々いないだろうなw



大変な作業でしたけど、我ながら完成したこの姿には大満足です。
reIMG_2863_sec.jpg
でも、超絶作業難易度で壊してしまう危険性が非常に高いので、やってみたい方は本当によぉ~~~く考えてから実行してくださいね!




よろしくどうぞ~









関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【34件】
2019年 08月 【35件】
2019年 07月 【46件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

Geelang Hobby X-UFO 85X 4K 3-4S Cinewhoop 完全レビュー!②【内部チェック編】 2019/10/19
コレは本気で欲しい!コードレス高圧洗浄機【Xiaomi JIMMY JW31】 2019/10/17
大注目のCinePickが遂に入荷!【iFLIGHT CinePick120 4S】 2019/10/17
Makerfireから6周年記念セールのお知らせ 2019/10/17
Eachine Twig 115mm 3インチ HD version 完全レビュー!③【FCセッティング編】 2019/10/17
カメラやゴーグルのクーポン情報【Banggood】 2019/10/15
もう電○なんて言わせない!?新型WOWSTICKプレオーダー中!【WOWSTICK SD】 2019/10/14
【技適付】Jumper T16 Plus ホールセンサージンバル 完全レビュー!④【XM+受信機ファームの書換え編】 2019/10/14
予告していたのと違うけど格安VTX情報!💦【Eachine ATX03S】 2019/10/14
レーサー機搭載用?ブラシレス二軸ジンバルが新発売! 2019/10/14

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。