TOP > Feiyu Tech Vimble 2 > Title - Feiyu Tech Vimble 2 3軸ブラシレス ハンディスタビライザー サクッとレビュー!①【Unbox編】

Feiyu Tech Vimble 2 3軸ブラシレス ハンディスタビライザー サクッとレビュー!①【Unbox編】

先日の記事で取り上げさせて頂いた製品。
それじゃあだったらと、またまたBanggoodさんからレビュー用にサンプルを御提供頂きました♪(いつもお気遣い頂き有難う御座います!)

またまたセオリー無視して先に言っちゃいますけど、今現在ハンドヘルドジンバルの購入を考えていらっしゃる方、コレを選んでおけば後悔しないと思います。以前はこの機種の一つ前のモデル?である『Feiyu Tech Vimble C』をレビューさせて頂きましたが、その時も3軸ブラシレスジンバルの便利さにかなりの衝撃を受けました。まぁ新しい機種なので当然と言えば当然かも知れないけれど・・・今回の製品は更に凄い進化を遂げております♪(機能性も性能も)

また前置きがナゲーヨって言われちゃうのでw、早速レビューの方行ってみましょう!
『Feiyu Tech Vimble 2 3-Axis Brushless Handheld Steady Gimbal Extension Rod』
FeiyuTechVimble2.jpg
Specification:
Brand: Feiyu Tech
Itema name: Vimble 2 3-Axis Brushless Handheld Steady Gimbal
Usage for Smart Phone 4-5.5 Inch
Color: Pink/Grey/White
Built-in Battery:7.4V 9.62Wh
Weight:428g(with battery)
Working Time:5-10 hours
Size:110.5*118*323mm
Extension Rod: 18cm
【マニュアルはコチラ(英語)】

先ずは外箱から。
reIMG_2196_sec.jpg
いつもの様にクッションに包まれて通称:黒粉ゴミ袋に入って届きましたので、外箱はちょっと潰れて来ましたが中身には全く問題無し。

Feiyu Tech製品は日本でも正規販売されている為、箱の外には日本語での表記もあり。
reIMG_2197_sec.jpg

外箱を開けると中から出て来るのはこの専用収納バッグ。
reIMG_2198_sec.jpg
モチロン専用品な為サイズもピッタリですし、バッグを別途購入する必要が無いので助かります♪

コチラがバッグのハンドル部分。
reIMG_2199_sec.jpg
”肩掛け式”では無く”ハンドル式”ですが、邪魔にならないのでワタクシはこの方がスキ。

早速バッグを開けてみます。
reIMG_2200_sec.jpg
流石専用バッグ。ピッタリと無駄無く収まってますねー。

蓋側の収納部(ファスナー式)にはマニュアル類ケーブル等の小物。
reIMG_2201_sec.jpg
こういった”小物を入れるスペース”があると付属品がガサばら無くて済むので何気に超便利。

中の小物を全部出してみます。
reIMG_2207_sec.jpg
付属品は英語&中国語のマニュアルが一部ずつ/簡易マニュアル/Waranty Card(保証書)/充電用USBケーブル/スマホ給電用USBケーブル3種(MicroUSB/USB Type-C/Lightning)/黒い箱二つ

マニュアルはこんな感じ。
reIMG_2204_sec.jpg
reIMG_2205_sec.jpg
中国語表記は読めないにしても、英語表記の場合は結構わかり易く絵付きで簡単に書いておりますので操作に迷う事は少ないでしょう。

気になる黒い二つの箱。
reIMG_2212_sec.jpg
一体何が入っているのか?と言うと・・・

大きい箱の方。ジンバルスタンド(ミニ三脚)が付属しておりました。
reIMG_2213_sec.jpg
コレも”ハンドヘルドジンバルには欠かせないアイテム”ですので、後で買い足す必要が無く専用バッグにもピッタリ収納出来るのがイイです!

小さい箱の方は普通のストラップ
reIMG_2214_sec.jpg
ジンバルを落としてしまわない様、長時間使う際等には重宝すると思います♪

付属のケーブル。
reIMG_2209_sec.jpg
コチラがジンバル本体充電用のUSBケーブル

で、此方がスマホ給電用のUSBケーブル3種。
reIMG_2210_sec.jpg
コレがあれば長時間撮影時にスマホのバッテリーを気にしないで済みます。(実際にジンバルを使っているとコレまじ嬉しい装備)

それじゃ~お待ちかね、本体を見てみましょ~!
reIMG_2215_sec.jpg
専用バッグ内で動かない様にゴムバンドとマジックテープバンドで固定されてます。

コレが本体。
reIMG_2216_sec.jpg
コレは本体カラー:グレーなのですが、他にもピンクホワイトのカラーバリエーションがある様です。

本体の胴体部分?にあるのが充電用MicroUSBポート
reIMG_2217_sec.jpg
普段はゴムキャップで閉じてます。

コチラがジンバルのスマホ固定アーム部分にある、スマホ給電用マイクロUSBポート
reIMG_2218_sec.jpg
スマホのコネクタ形式に合わせて付属の3種類のケーブルから選んで使用。

二段階目(真ん中)のアームは1.8cm程度スライド出来る構造になっておりますので、スマホ装着時には伸ばしたり縮めたりして重量バランスを調整しましょう。
reIMG_2219_sec.jpg
締め付けのダイヤル等は無く、伸縮の際は「カチッ、カチッ」とした操作感(カッターの刃を伸ばす時の様な?)で簡単に長さを調節出来ます。

スマホ装着部分。
reIMG_2226_sec.jpg
バネによる伸縮式で引っ張って挟み込むタイプ。

ジンバル胴体の底にある三脚用ホール&ストラップホール。
reIMG_2222_sec.jpg
ココに付属のミニ三脚を付けたり、普通の三脚を使用する際にも使いますのでとても便利です。(ハンドヘルドジンバルの中にはココにこの三脚穴が無いモデルもあったりするので、購入の際は要チェック)

前方に付いているのがトリガーボタン
reIMG_2221_sec.jpg
パンモード/フォローモード/ロックモードの切り替えの際に使用。

基本的な操作はコチラ。
reIMG_2236_sec.jpg
上から、ジョイスティック/ファンクションボタン&電源ボタン/Bluetoothシャッターボタン

サイドにはフォーカスボタン
reIMG_2237_sec.jpg
ズーム操作時に使います。

ココはステータス表示用のLED。
reIMG_2223_sec.jpg
起動状態はブザーによる音とコチラのインジケーターの色で判断。

そしてコレがこのジンバル最大の特徴!
reIMG_2227_sec.jpg
首の部分を引っ張ると・・・

ジャジャーン!
reIMG_2224_sec.jpg
自撮り棒を使わなくても、アームが伸びて撮影アングルの幅が広がります♪

アームは最大で約18cm程伸ばす事が可能。
reIMG_2225_sec.jpg
たかが18cm、されど18cm。コレのお陰で低いアングルから高いアングルまでスムーズに撮影する事が出来るでしょう。
このギミックはホントに革新的だと思います。従来のハンドヘルドジンバルも自撮り棒等を取り付けて延長すれば同じ様に使う事が出来るのですが、操作性が全く違います。(携帯性も) テスト撮影の際はこの辺の便利な活用方法も考えながら撮影してみたいですね~!


と、今回はこんな感じでUnboxから本体ディテールを一気に見てまいりました。
次回はこれまた全く新しくなった『専用アプリ』等を御紹介させて頂きたいと思います♪



よろしくどうぞ~


関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

海外通販特集

Flysky & FrSky Promotion 2019 Summer Prime Sale Main 2019 Summer Prime Sale RC Battery Charger Mid Year Promotion SALE Geekbuying SALE

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 07月 【25件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

GEPRC PHANTOM Toothpick FPV Racing Drone 完全レビュー!②【FCセッティング編】 2019/07/14
コレはきっと実用的な4K-CineWhoop 【BATTA GRT-4K】 2019/07/14
Diatoneも参戦…だと!?【Diatone GTBシリーズ】 2019/07/13
iFLIGHT CineBee 4K 完全レビュー!③ 【FCセッティング編】 2019/07/13
安い内に補充しておくのです… 補充しておくのです…【VTX03S】 2019/07/12
早速オリジナルToothpickフレーム発売!?【URUAV UR12】 2019/07/11
iFlight TurboBee 120RS 4S Version 完全レビュー!③【FCセッティング-PID調整編】 2019/07/11
またまたゴイスーなクーポンを沢山御紹介させて頂きやす【Banggood】 2019/07/10
バージョン違いのBetaflight Configuratorを同じPC内に混在させる方法 2019/07/09
ワタクシ的に気になった新製品色々【Banggood】 2019/07/09

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
ウェブマスターはここでお金を稼ぐ!
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。