今から中華フープを始めるなら…【Banggoodで打線を組んでみた】 - drone4ブログ

今から中華フープを始めるなら…【Banggoodで打線を組んでみた】

Jizomaeパイセン、ネタをパクってしまいスンマセンです!w

とても面白そうな企画でしたので、ワタクシも是非やってみたくなってしまいました♪(ホントすいません)
後先コスパを考えた構成で『今は未だ何も道具を持っていない』と言う方の目線に立ち、ワタクシなりにチョイスしてみます。

先ずはベースになる機体選び。
どうせ後から追加のバッテリーやら充電器やらが絶対に必要になって来ますので、もう最初からセットになっている物にした方が無難です。(追加して行った方が結果的に高くつくので)
そんな中、色々と悩んだ挙句ワタクシが選択したのはコチラ。
『Eachine QX65 with 5.8G 48CH 700TVL Camera F3 Built-in OSD』(Advanced バージョン)
QX65AD.jpg
色々考えると、やっぱりコレ無敵ですわ。
いや、”7mmモーターでもう少しパワーが欲しくてOSDなんて要らないからTiny6Xじゃダメなの?”なんて思う方もいらっしゃると思うのですが・・・よくよく考えてみて下さい。

Tiny6XAD.jpg
コチラも同じく予備バッテリーやパーツ等がセットになっているAdvancedバージョンをチョイスするとして、QX65と比べお値段が$13高くなってしまいます。しかも、付属のバッテリー本数は3本と少なく充電器も複数同時充電用ではありません

それでもやっぱり、パワーが欲しいから7mmモーターは魅力的なんだよなぁ・・・なんて悩んでいるそこのアナタ!
差額が$13あるので、もうあと$3だけ足してコレ買い足しちゃいましょうよ。
『Eachine E011 Mini』
E0111599.jpg
実際に使うのはモーターとフレームだけ。後はQX65の内臓をFC&カメラ含め丸ごと移植しちゃえば7mmモーターフープの完成です。モーターとFCの接続はQX65と同じくコネクタ式ですので、そのまま差し換えるだけで超簡単。ハンダ作業は要りません!
自分の気分次第で、6mmモーターWhoop7mmモーターWhoopにもいつでも着せ替えちゃう事が出来るんです。※但し、E011フレームへのスティックタイプのバッテリー搭載やFC移植には多少の物理的加工が必要です。(カッターさえあれば出来ると思います)

こんな感じで機体選びは完璧じゃ無いでしょうか?

お次は送信機。
初期コスパ最優先で海外にお住いの技適関係無い方ならこんな選択肢。
『FlySky i6 FS-i6 2.4G 6CH AFHDS RC Transmitter』
FSi6.jpg
この送信機、こんなお値段なのに性能は凄いんです。
初級~中級、場合によっては上級者でも満足出来る性能を持ち、プロポのディスプレイで各種設定が出来る完璧なコンピュータープロポです。(ジンバルの操作感のみそれなり)
その気になれば簡易マルチモジュールの搭載や10ch化の改造まで出来ちゃう、ドローンのプロポについて学ぶにはコレ以上無いプロポだとワタクシは思っております。(勿論、こんなのを使えばPCと接続してシミュレーター用のコントローラとしても使えます)
このプロポをチョイスした方は、機体の受信機タイプもFlyskyタイプを選択しましょう。

あとは先日のブログ記事でも取り上げたコチラも。
『KINGKONG/LDARC TINY X8 2.4G 8CH S-FHSS Frsky Compatible Digital Transmitter』
KingkongTinyX8TX.jpg
この送信機は何よりもコンパクトさが売りですね。残念ながら性能的にはFlysky-i6には及ばないでしょう。
でもでも、コチラにはそれなりのメリットと言える部分もちゃんとあるんです。
先日のブログ記事でも取り上げた通り、このプロポの送信プロトコルS-FHSSFrskyの両方をファームの書換えで使用する事が出来ますので、後々使い回しするのに良いかも?
あ、QX65で使用する場合は受信機タイプがFrskyですので送信機ファームの書換えが必要です。
ファームの書換え作業やプロポ側にディスプレイが無い事等、全くの初心者にはハードルが少し高めかも知れませんね。中級者以上(又は研究熱心な方)向きでしょうか。
こんな方法を使えば、シミュレーター用のコントローラとして使えなくも?ないです。(そもそもこの方法なら、PPM受信機さえあればどんな送信機でも・・・)

もう少し、更に高性能で後々上級者になってもずっと使い続けたいと言うのであれば、Taranisと言う選択肢もあります。
『FrSky 2.4G 16CH Taranis X9D Plus SE Transmitter』
TaranisX9D.jpg

『Frsky 2.4G 16CH ACCST Taranis Q X7S Transmitter』
X7SBL.jpg

『FrSky ACCST Taranis Q X7 2.4GHz 16CH Transmitter』
TaraQX7.jpg
日本国内で販売されている通称『技適DJTモジュール』を使う事で、日本国内でも合法的に使用する事も出来ます。
但し、初心者の方が手を出すには結構な高さのハードルがいくつも待ち構えているので、相当にやる気のある方じゃ無いと途中でくじけてしまいそう?w


FPVモニターやゴーグルは色々好みがあるので、コレはまた別の機会という事で。



こんなところで如何でしょうか?
参考に・・・なるかならないかはアナタ次第です~!?w


よろしくどうぞ~


関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

カテゴリ

openclose

海外通販特集

過去ログ

2019年 12月 【14件】
2019年 11月 【39件】
2019年 10月 【39件】
2019年 09月 【34件】
2019年 08月 【35件】
2019年 07月 【46件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【50件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)
後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。



楽天