> > > Jumper T16 Plus with HALL Gimbals Multi-protocol Radio Transmitter 完全レビュー!②【内部チェック&諸々カスタム編】

Jumper T16 Plus with HALL Gimbals Multi-protocol Radio Transmitter 完全レビュー!②【内部チェック&諸々カスタム編】

Jumper T16 Plus with HALL Gimbals Multi-protocol Radio Transmitter 完全レビュー!①【Unbox編】の続きです。

『Jumper T16 Plus with HALL Gimbals Open Source Multi-protocol Radio Transmitter JumperTX』
MFJumperT16Plus0.jpg
※只今、お会計時【クーポンコード:MK2DRONE4の入力で10%OFFになります。
有効期限:2019.9.30まで
・『Jumper T16 Plus with HALL Gimbals Multi-protocol Radio Transmitter 完全レビュー!①【Unbox編】』


内部ディテールチェック

前回は外装迄を詳しく見て参りましたが、今回はもっとディープに皆さまが知りたいであろう”中身”を詳しく見て行きましょう♪

これから分解するにあたり、先ず最初にマルチモジュールやバッテリーは外しておきましょう。
res_IMG_8820_sec_w.jpg
壊さないようにね😉

続いて、本体裏にあるグリップを外します。
res_IMG_8821_sec_w.jpg
此方は向かって右側。

このグリップの下にはジンバルバネ強弱調整用ネジを回す為のメンテナンスホールがあります。
res_IMG_8822_sec_w.jpg
ワタクシのはMode2送信機ですので、コチラ側はスロットル用ジンバルでバネの強弱は左右(ラダー・ヨー)のみ調整出来ます。

サイドのグリップも外します。
res_IMG_8823_sec_w.jpg
グリップはどれもハメ込まれているだけですので、引っ張れば簡単に外れます。

反対側(向かって左)も。
res_IMG_8824_sec_w.jpg
中々面白い作り。

コチラ側も同じく左右(エルロン・ロール)のバネ調整穴。
res_IMG_8825_sec_w.jpg

その下には上下(エレベーター・ピッチ)のバネ調節穴も。
res_IMG_8826_sec_w.jpg
分解せずに調整出来るのは楽で良いッス👍

最初に6カ所ある+ネジを外し、続いてコチラの脳天(USBコネクタ等のある)部分にある2.5mmHEXを二本外し蓋をパッカーンします。
res_IMG_8827_sec_w.jpg
コレで分解準備完了。

後は表裏のケースを外すとこんな感じでパッカーンします。
res_IMG_8828_sec_w.jpg

裏のケースには配線も何も無いので配線に気を使う事は無いんですけど…
res_IMG_8829_sec_w.jpg
分離する時にバッテリーコネクタモジュール用のPINを壊さない様に注意。

そう言えば、ワタクシのお師匠様のお話では送信機の組み立てに使うネジは非磁性体の素材の物を使う(実際、Taranis等のネジはそう)と聞いていたのですが、T16に使われているネジはモロ磁石にくっ付いてましたw
res_IMG_8830_sec_w.jpg
磁力は送信機にとって邪魔になるらしく、磁力のある物を近くに置いてはいけないらしいんですけどねぇ…。この辺がまだ参入したばかりの送信機メーカーは分かっていない?のかも知れません。。。(ワタクシも詳しくは知らないんですけどね💦)

まぁ次に進みましょ。
コチラがメインの内臓です。
res_IMG_8831_sec_w.jpg
なかなかイイ作りしてるじゃ無いの~👀

向かって右下にはバイブレーション用モーター
res_IMG_8879_sec_w.jpg
結構振動強いよね。

中央左寄りには電源コネクタ
res_IMG_8856_sec_w.jpg
バランス端子の付いた基板にはSDカードスロットも付いてます。

コチラがメインのCPU
res_IMG_8846_sec_w.jpg
STM32F4なのですね。

バックアップ用ボタン電池
res_IMG_8847_sec_w.jpg
CR1220?あまり見た事の無いサイズですね。

メイン基板のバージョン。
res_IMG_8845_sec_w.jpg
T16-4F-V1-2と書いてあります。製造は2019/06/06

ついでだからココも見ておきましょ。
res_IMG_8848_sec_w.jpg
T16送信機の初期の頃に問題になったジョグダイヤルスイッチの基板裏。

基板ごと外してみました。
res_IMG_8851_sec_w.jpg
初期の物はダイヤルの軸がプラスチック製な為すぐ折れてしまうんだとか?で問題になりました。

でも御安心下さい😉
res_IMG_8850_sec_w.jpg
この最新バージョンはちゃんと軸も金属製の物に変更されております👍

因みに反対側はプラスチックのまま。
res_IMG_8852_sec_w.jpg
ココは特に耐久性とは関係無いかな?

こんな感じで組み込まれます。
res_IMG_8853_sec_w.jpg
とても面白いスイッチ構造ですね~👀

さて、中身に戻って左右のスイッチ。
res_IMG_8833_sec_w.jpg
res_IMG_8832_sec_w.jpg
ん~スイッチは基板に実装され、メイン基板との接続はリボン式の配線の様です。
res_IMG_8834_sec_w.jpg
コレは…交換が楽な様で面倒な仕様。(でも、出来なくはない)

ジンバル見て行きますか。
res_IMG_8841_sec_w.jpg
このT16 Plusジンバルホールセンサー式になっているのも特徴。(とは言え、パッと見ではワカラナイはず)

コチラが向かって右のスロットル側ジンバル
res_IMG_8842_sec_w.jpg

この二つの板バネは赤点が付いている方がスロットルの抵抗調整。(緩くするとスルスル動く)
res_IMG_8843_sec_w.jpg
山の付いている方がスロットル操作時のカリカリ(飛行機等で使うの?)の調整です。ドローンではカリカリ要らないので緩めておきましょ。

先程のメンテナンスホールから見えていたのはこのネジですね。
res_IMG_8835_sec_w.jpg

こんな構造になってます。
res_IMG_8836_sec_w.jpg
ネジを緩めるとバネは弱く、締めるとバネが強くなります。

因みに、反対側のジンバルは上下左右のバネ調整があるのでこんな作りになってます。
res_IMG_8838_sec_w.jpg
付属パーツを使えばスロットル側も同じくバネで中立タイプにする事も出来ます。(空撮機とかで使う用)

そしてコレが噂?のホールセンサー
res_IMG_8844_sec_w.jpg
剥き出しでセンサーが配置されてますね…(良いんかい!?)

こんな感じ。
res_IMG_8839_sec_w.jpg
無接点センサーではあるのですが…こんなに無防備でホントにダイジョブなの??

続いて、中央にあるモジュールとの接続基板。
res_IMG_8854_sec_w.jpg
そう言えば、ストック状態ではスピーカーからノイズが聞こえて来るんですけど、コレをどうにか加工すれば良いのかな?🤔

そう思い、後の事を考えずに外してしまったのがコチラ。
res_IMG_8855_sec_w.jpg
この外し方は失敗です。この画像の様にこの基板のマウントごと外してしまうと、後でもっと分解しなければならないハメになりますので要注意。(ワタクシにとっては後の祭り…😭)

スピーカーノイズ対策?

そんなワケで、スピーカーのノイズ対策をして行きます。
最初に思い付いたのは、モジュール接続基板のコーティング。
res_IMG_8858_sec_w.jpg
アルミシートで被えばノイズ無くなるかな?とか素人考えで。

基板裏に絶縁の為のポリイミドテープを貼ってそこにアルミテープを貼ります。
res_IMG_8861_sec_w.jpg
何があってもショートだけは勘弁なので絶縁はしっかりと。

こんな感じっス。
res_IMG_8862_sec_w.jpg

更に、絶縁の為にマスキングテープを貼って完成。
res_IMG_8863_sec_w.jpg
んなもんでいいっしょ。

と、コレだけでノイズが消えるのか?全然分からなかったので、念の為に此方のフィルムケーブルもコーティングしちゃいましょ。
res_IMG_8857_sec_w.jpg
後でまたバラすの面倒だし。

先ずは取り外して…
res_IMG_8865_sec_w.jpg
※気付付けない様注意

アルミテープを貼って…
res_IMG_8866_sec_w.jpg

絶縁の為にポリイミドテープ。
res_IMG_8867_sec_w.jpg

戻したら完成。
res_IMG_8868_sec_w.jpg
後は元通りに組み上げて行けば…

・・・と、本来であればコレで完成のハズだったのですが、モジュール接続基板をマウントごと外してしまい、そのネジがどうしても締まりません。どうやら外しちゃいけないネジを外してしまった様です…😭

仕方が無いので、ジンバルを外し各リボンケーブルを外し漸くこの基板を外せました。
res_IMG_8870_sec_w.jpg
超面倒なのでこの記事を見た方は同じ失敗をしない様に😉

どうやら、あのマウントを止めていたネジはこのスピーカーの固定にも使われていた様なのです。
res_IMG_8871_sec_w.jpg
モジュール接続基板だけを外すなら、マウントはそのままで基板固定ネジだけを外すのが正解でした。。。(今更遅い)

まぁ折角ここまでバラしたのですから、スピーカーの配線もシールド加工しちゃいましょ。
res_IMG_8872_sec_w.jpg
このネジ穴が少し削れているあたりが、ワタクシが無理に締めようとした証。

スピーカー配線をアルミテープで包んで…
res_IMG_8874_sec_w.jpg

アセテートテープで絶縁して完成。
res_IMG_8875_sec_w.jpg
これでどんなもんじゃ~い。

こんな感じで付くワケですわ。
res_IMG_8877_sec_w.jpg
今度はもう失敗しない。マウントから先に固定。

はい、コレで元通りっと。
res_IMG_8878_sec_w.jpg
スピーカーのノイズも消えていると良いのですが…。

試しに起動。
res_IMG_8881_sec_w.jpg
う~ん? 良くなったような変わっていない様な? スピーカーに耳を近付けるとまだノイズがあるけど…。

その他諸々カスタマイズ

もう勢いで色々自分仕様に仕上げて行きますよ~!
res_IMG_8812_sec_w.jpg
先ずは各スイッチに滑り止めのシリコンカバー

ジンバルスティックエンドも手持ちのブラックの物に先っちょだけ交換。
res_IMG_8811_sec_w.jpg
気持ち滑り難くなったのと、何より見た目が肝心😉

次はスタンド
res_IMG_8813_sec_w.jpg
これをちょっとワタクシ流に加工します。

その前に、T16のハンドル部分にはグリップ用のパーツが付いているので…
res_IMG_8814_sec_w.jpg
このままではスタンドを付ける事が出来ません。

ネジ止めなので外します。
res_IMG_8815_sec_w.jpg
短い間でしたがお世話になりましたサヨウナラ。

スタンドもバラします。
res_IMG_8816_sec_w.jpg
こうすれば、1セットで二度おいしい。

どういう事かと言うと、こう言う事。
res_IMG_8817_sec_w.jpg
一本スタンドにしてしまえば1セットで送信機二つ分になるし、この方が軽いしコンパクトだし兎に角オススメ。

こんな感じね。
res_IMG_8819_sec_w.jpg
やっぱT16のハンドル部分、なげぇ~っすね。(コレの交換部品って無いのかしら?🤔)

貧弱なアンテナも気になるので交換。
res_IMG_8883_sec_w.jpg
マルチモジュールは何個も持っているので、ロングアンテナの予備も沢山持っているんです。

イイじゃん良いじゃん。
res_IMG_8882_sec_w.jpg
コレなら安心して飛ばせます。

あ、そうそう。
ストックのままだとモジュールベイでマルチモジュールがカタカタ動くので…
res_IMG_8885_sec_w.jpg
この位置に1mm厚のシリコン滑り止めテープを貼り付け。コレでピッタリ固定出来ます。

あとは付属のモニターカバーフィルムを貼っときましょ。
res_IMG_8886_sec_w.jpg
このタイプはシリコン式なので比較的簡単に貼る事が出来ます。

ゴミが入らない様にしながら位置を決めて・・・
res_IMG_8887_sec_w.jpg
(もし作業中に埃などが入ったら、マスキングテープ等で取って下さい)

キレイに貼り付け。
res_IMG_8892_sec_w.jpg
誰にでも出来る簡単なお仕事です。

あ、Jumperロゴ部分に付けたままだったカバーフィルムもこの際取っちゃいましょう。
res_IMG_8891_sec_w.jpg
よし。コレでキレイキレイ♪

最後に

コレにて内外装のカスタマイズは完成です。
res_IMG_8890_sec_w.jpg
本当はモニターも着ける予定だったのですが、ウマイ具合な位置が決まらず今回は保留という事で。


いや~コレ本当になかなか良い送信機ですね。カスタマイズする事でより馴染んでまいりました。
次は設定等の項目に進みたいと思いますが、準備に結構時間が掛かるので…今暫くお待ち下さいませ~🙇


よろしくどうぞ~

関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【34件】
2019年 08月 【35件】
2019年 07月 【46件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

Geelang Hobby X-UFO 85X 4K 3-4S Cinewhoop 完全レビュー!②【内部チェック編】 2019/10/19
コレは本気で欲しい!コードレス高圧洗浄機【Xiaomi JIMMY JW31】 2019/10/17
大注目のCinePickが遂に入荷!【iFLIGHT CinePick120 4S】 2019/10/17
Makerfireから6周年記念セールのお知らせ 2019/10/17
Eachine Twig 115mm 3インチ HD version 完全レビュー!③【FCセッティング編】 2019/10/17
カメラやゴーグルのクーポン情報【Banggood】 2019/10/15
もう電○なんて言わせない!?新型WOWSTICKプレオーダー中!【WOWSTICK SD】 2019/10/14
【技適付】Jumper T16 Plus ホールセンサージンバル 完全レビュー!④【XM+受信機ファームの書換え編】 2019/10/14
予告していたのと違うけど格安VTX情報!💦【Eachine ATX03S】 2019/10/14
レーサー機搭載用?ブラシレス二軸ジンバルが新発売! 2019/10/14

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。