TOP > SKYSTARS TALON X110 > Title - SKYSTARS TALON X110 完全レビュー!② 【内部チェック&機体整備編】

SKYSTARS TALON X110 完全レビュー!② 【内部チェック&機体整備編】

SKYSTARS TALON X110 完全レビュー!① 【Unbox編】の続きです。

『SKYSTARS TALON X110 2 Inch 2-4S FPV Racing RC Drone PNP/BNF Type F4 8K OSD Runcam Nano 2 100mW VTX Smart Audio - Frsky SBUS D16』
SKYSTARS-TALONX110.jpg
※お会計時【クーポンコード:BGJPKR001の入力で限定20機に限り12%OFFになります。有効期限:2019.7.18-2019.7.31
・『SKYSTARS TALON X110 完全レビュー!① 【Unbox編】』

パッと見た限り完成度の高そうな機体ですので大幅な修正や改造は必要無さそうですね。
res_IMG_7858_sec.jpg
それでも中華完成機。ワタクシと致しましてはフライトをする前に機体確認&整備は必須と考えております。
※当ブログのレビューを御覧頂いている方の中には「何で飛ばす前に改造しちゃうのん?」と言う疑問をお持ちの方もいらっしゃるかも知れませんが、例えU199gのオモチャとは言え空を飛ばす物ですので実際のフライトの前に出来るだけ完璧な状態に仕上げておきたいのです。届いたそのままの状態では残念ながら安全に飛ばせる様な状態では無い機体も中にはあります。自動車にしろ自転車にしろ実際に路上を走らせる前に保安基準に合わせた事前整備をするのは当然ですよね。ソレと同じ事なのでゴザイマス♪ もし、御自分では『整備出来ない』『安全の為の改造が出来ない』と言う方は、少し高額になってしまいますが国内で販売されている”整備済みの機体”を購入される事を強くお勧めさせて頂きます。中華機体はリーズナブルに入手できる反面、安全に飛行する為の機体整備が必須になる事を予め御理解下さい。
当ブログのレビューでは、ワタクシが施した機体改造&整備方法を掲載する事で少しでも皆様の参考にして頂けるかな?と考え、フライト前の改造&整備方法を御紹介させて頂いていると言った次第なので御座います。みんなで安全に楽しく遊びましょ♪



分解しつつ中身をチェック

それでは早速分解を始めましょうか。
res_IMG_7861_sec.jpg
先ずは機体上部のフィントッププレートを止める1.5mmHEXネジを外します。

コチラが外したTPU製のフィン。
res_IMG_7862_sec.jpg
このクラスの機体で必要なのか?は… まぁ要らなければ外しちゃっても良いのかな?w

トッププレートも一緒に固定されておりますのでこのように一緒に外れます。
res_IMG_7863_sec.jpg
内部最上段にあるXM+受信機が見えましたね。

トッププレートを外すとXM+受信機が固定されずに只載せられておりました。
res_IMG_7864_sec.jpg
タイトな造りのお陰でコレでも動かない様です。

受信機のアンテナは既にアーム部分に固定設置されているので自分でアンテナ処理をする必要が無いのは嬉しいっス♪
res_IMG_7865_sec.jpg
最初からこういう風に処理されている機体は珍しいですね~。ワタクシが扱ったBNF機体の中では初めてじゃ無いかな?

XM+受信機を除けると、その下にはFCタワー最上段に100mW出力小型VTXがお目見え。
res_IMG_7866_sec.jpg
このVTXは・・・今迄に何度も見てきたヤツですねぇ。中華完成機体ではよく使われているタイプなのですが、ワタクシ的に信頼性が低く実際に搭載したままフライトした事は御座いません。今回も通電前に換装させて頂きますw

アンテナが付いたままではトッププレートが外せないのでアンテナを外しました。
res_IMG_7867_sec.jpg
このVTXで開局している方はいらっしゃるのでしょうかね?不明です。VTXも出来るだけ小型な物の方が都合が良いのはわかるのですが、発熱の多いパーツとなりますのであまり小型にし過ぎても放熱等に問題が出て来ると思うんですよ。その辺がワタクシがこのVTXを信頼出来ない要因となっております。(飛行中に熱暴走なんかしちゃって、FPV飛行で最も危険なブラックアウトとか勘弁して欲しいので💦 信頼出来ない機材はワタクシは使う気になれません)

このVTXはM4ナイロンナットでFCタワーの最上段に固定されてました。
res_IMG_7868_sec.jpg

う… スタンドオフ(支柱)とのクリアランスが殆ど無いのでBOXドライバーが入らないじゃん。。。
res_IMG_7869_sec.jpg
小型軽量機の代償って奴でしょうか。

機体下部、ボトムプレート側のネジを外して前部スタンドオフを外しちゃいましょう。
res_IMG_7871_sec.jpg
その方が整備し易いですし。

こんな感じでFPVカメラごと。
res_IMG_7872_sec.jpg

コチラがFPVカメラとして搭載されているRunCam Nano2
res_IMG_7873_sec.jpg
レンズは2.1mmなのが確認出来ますが、NTSCなのか?PALなのか?は見た目では判別出来ません。後で実際に通電してから確認しましょ。

そんなワケで無事VTXを外す事が出来ました。
res_IMG_7874_sec.jpg
小さな内臓に配線がゴチャゴチャ…

そしてVTXの下にあるのが心臓部であるF4-FC
res_IMG_7875_sec.jpg
このFCも既視感が…? 20x20mmマウントホールのFCでこのカタチはあまり無いので記憶に残ります。(あ~!コレコレとVTXまですっかり同じ構成だ。)

一応各パッドの位置を画像に残して置きます。
res_IMG_7876_sec.jpg
後で役立つかもわからんしね。

配線は殆どハンダ付けなのでゴチャゴチャ感は避けられず。
res_IMG_7877_sec.jpg
ハンダが苦手な人には少しだけ難易度高そう?

FCとESCの接続のみ、コネクタ式になってます。
res_IMG_7878_sec.jpg
まぁコレ迄ハンダ付けだとホントにゴチャゴチャし過ぎになっちゃいますねw

M4ナイロンBOXで固定されているので外します。
res_IMG_7879_sec.jpg
しかしまぁホントにタイトな造りですねぇ。スタンドオフとのクリアランスが殆どありません。(画像は後部スタンドオフ)

コチラがFCの裏側。
res_IMG_7880_sec.jpg
やっぱアレアレとスッカリ同じ。

という事は、当然?ESCも同じですね。
res_IMG_7881_sec.jpg
12A出力4in1Whoop機に搭載されている内臓パーツが使われているところが一応Toothpick機の特徴ですから、CineWhoopの内臓がそのまま使われていても不思議じゃありません。

何も別にモーター接続コネクタ式なの迄そのまま採用する事は無かったのに~w
res_IMG_7884_sec.jpg
メンテナンス性を考えるとコネクタ式も良いのでしょうけど、接触不良の危険性やら電気効率やらを考えるとハンダ接続の方が良いのではないか?とワタクシは思ってしまいます。

コチラがESC基板の裏側。
res_IMG_7885_sec.jpg
20x20mmマウントホールサイズですので、後々はもっと高出力なESC基板へのアップグレードも簡単に出来そうですね。

FCタワーの固定は全てナイロンネジでFCの防振対策等は一切施されておりません。
res_IMG_7886_sec.jpg
コレはちょっと修正した方が良さそうだなぁ。

手持ちに使えそうなパーツがあったので、元に戻すついでに改善して行きましょう。
res_IMG_7887_sec.jpg
FCの防振に効果的な『Matek System 4 PCS M2*5+4 M2 Rubber Vibration Damping Fixing Screws』。簡単お手軽で防振対策が出来るのでお気に入り♪

元のマウントネジと比較。
res_IMG_7888_sec.jpg
コレを付け替えるだけなので簡単ですね。

最下段に設置しても良かったのですがESCをマウントしていたネジの長さが4mmだったので、今回はESCとFCの間のネジを交換する事に致します。
res_IMG_7889_sec.jpg
要はFC(ジャイロチップ)にさえ振動が伝わらなければ良いので。

あとはESCを外したついでにモーター線の取り回しも内側に換えました。
res_IMG_7890_sec.jpg
配線が外に出ていると邪魔なんでね…。

こんな感じにスッキリ。
res_IMG_7891_sec.jpg
結構細かな作業ですので、断線させない様にユックリ慎重に確認しながら作業しましょうね!

バッテリーストラップも今の内に通しておきます。
res_IMG_7892_sec.jpg
付属の簡易タイプはバッテリーをキッチリ固定し難いので、先日購入したToothpickにピッタリなストラップを使う事にします。

さて、お次は更に改造作業を進めて行きましょ~!

VTXの換装

先程も述べた様に諸々の事情でストックのVTXを使うのがワタクシは嫌なので、いつもの様にストックしているVTX03Sに換装して行きたいと思います。
res_IMG_7893_sec.jpg
ホントいつもお世話になっております。

配線部分を覆うシール材はライターで軽く炙ると取れ易くなるのでおススメ。
res_IMG_7895_sec.jpg
コレを知らずに手こずる方も少なくは無いんだとか?

コチラが元のVTXの配線状態。
res_IMG_7897_sec.jpg
今回はこの配線をそのまま使うのでハンダを外して行きます。

コチラが素のVTX03Sの配線。
res_IMG_7898_sec.jpg
コチラもハンダを外して行きます。6カ所のハンダパッドの内、カメラへの給電は使わないので間違えない様に注意しましょう。

こんな感じに内向きにハンダ付けしました。
res_IMG_7899_sec.jpg
機体の内部スペースが狭いので、設置場所を考えて極力無駄の無い様に配線を取り回す必要があるんです。

コチラが取り外したストックの100mW-VTX
res_IMG_7908_sec.jpg
アンテナは配線の長さが良さ気なのでストックの物を再利用します。

このワタクシ的には”要らないVTX”、道具箱に溜まって行くんだよなぁw
res_IMG_7909_sec.jpg
こんな事なら始めからVTX-レスの機体も用意して欲しいですよね。無駄無駄無駄無駄ァ~!

ブザーの取り付け

やっぱりこの機体にもブザーは搭載されておりませんでした。
小型機体には特に必需品なんだからっ!
res_IMG_7896_sec.jpg
手持ちのブザーを用意しました。

FCのこの部分(手前)にハンダ付け。
res_IMG_7900_sec.jpg
後はキレイに組み上げて行きましょう。

仕上げ

FCの固定が終わったら外していた前部スタンドオフを戻して…
res_IMG_7903_sec.jpg

って、よくよく見るとプロペラとのクリアランスも激狭なんですねw
res_IMG_7904_sec.jpg
引っ掛かりが無いか確認しながら組んで行きます。

元々は最上段にXM+受信機がありましたが、スペースの関係でFCの上VTXの下に配置する事に致しました。
res_IMG_7905_sec.jpg
薄い両面テープで軽く固定しておきます。

その上に絶縁処理をしたVTX03Sを両面テープで固定。
res_IMG_7906_sec.jpg
出来るだけ放熱出来るよう、クリアランスを考えながら配置を決めました。

トッププレートとフィンも元通りに戻し、ブザーは後部のこの位置にタイラップで固定しました。
res_IMG_7907_sec.jpg
設置場所を誤るとプロペラと干渉するのでこの位置しか無かったんです。。。

バッテリーの滑り止めも着けます。
res_IMG_7911_sec.jpg

こんな感じ。
res_IMG_7913_sec.jpg

コレで一通りの整備が完了しました。
res_IMG_7910_sec.jpg
思っていたより結構手間暇掛かりましたねぇ。

完成

丁度カラーもあっているバッテリーガードがあったのでコレも着けちゃいましょうか。
res_IMG_7914_sec.jpg
このバッテリーガード8g位あるので、飛ばしてみて重ければ外します。

見た目はイイ感じ~。
res_IMG_7915_sec.jpg

体重は・・・
res_IMG_7916_sec.jpg
ん~?まぁ許容範囲かな?

LiHV 3S-300mAhバッテリーも込みだと?
res_IMG_7917_sec.jpg
100gは切れました。どんな飛びになるのかな~?

そんなワケでコレにて完成♪
res_IMG_7918_sec.jpg
後は実際に飛ばしてみて、バッテリーサイズ等も様子を見てみたいと思います~!


あ、その前に次はFCセッティングですね。


よろしくどうぞ~

関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

海外通販特集

Eachine Flash Deals iFlight Brand Deals Flysky & FrSky Promotion Geekbuying SALE

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 08月 【18件】
2019年 07月 【46件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

物議を醸す?ロングアンテナ…(変な目でミナイデッ😆 2019/08/18
SKYSTARS TALON X110 完全レビュー!③ 【FCセッティング編】 2019/08/17
RunCam5のクーポンとかX9-Liteの技適とかとかとか 2019/08/16
Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop 完全レビュー!②【機体整備&FCセッティング編】 2019/08/16
Eachine RedDevilがV2に進化してる!?【Banggood】 2019/08/16
本日の到着品! 2019/08/15
我慢出来ずにSKY03Oをポチポチポチーッ! 2019/08/14
Diatone GTB339 Cube 3inch入荷とかアホみたいに安い送信機のクーポン情報など【Banggood】 2019/08/13
Skystars Gost Rider Big Pick X120 ビルドレビュー!①【Unbox&前処理編】 2019/08/12
SPCMaker Killer Whale 115 完全レビュー!①【Unbox&Check Detail&機体整備編】 2019/08/10

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
ウェブマスターはここでお金を稼ぐ!
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。