> > > FrSky Taranis X-Lite Pro 24CH ACCESS 送信機 完全レビュー!①【Unbox編】

FrSky Taranis X-Lite Pro 24CH ACCESS 送信機 完全レビュー!①【Unbox編】

皆さま、大変長らくお待たせ致しました。
数日前に届いていたのですが中々手を付ける事が出来ず、本日漸く本格的な”開封”です♪

FrSkyが満を持して投入した新プロトコル『ACCESS』初搭載し、今世界中で最も注目されているであろう最新のゲームコントローラー型小型プロポ送信機『FrSky Taranis X-Lite Pro』。見た目は今迄のX-Lite送信機と殆ど同じに見えます?が内部的にはガラッと大幅に変わっているそうですので、これからジックリたっぷりドップリ拝見させて頂きましょう~!

『FrSky Taranis X-Lite Pro 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Radio Transmitter Longer Telemetry Range』
TaranisX-LiteProBG.jpg
※この送信機は日本の”技術基準適合証明(通称:技適)”を取得しておりませんので、日本国内で電波を発信すると違法になる恐れが御座いますので御注意下さい。日本国内で合法的に使用する為には、他にJumper JP4in1マルチモジュール等の”技適取得済み”モジュールを外付けする必要があります。(詳しくは【コチラ】を御覧下さい)
※※いつもお世話になっておりますBanggoodさんの御協力頂き、レビュー用サンプルとしていち早く御提供頂きました。(毎度有難う御座います)


Unbox

先ずは外箱から。
res_IMG_7087_sec.jpg
X-Liteの時と殆ど同じデザインに[Pro]のロゴが控えめに追加されてます。

今回も箱の角にはこんなシールが。
res_IMG_7088_sec.jpg
マイノリティなアレではありません(いや、ある意味マイノリティ?)。確か?イギリス仕様かそうじゃ無いかって事。

中身を出してみると・・・見慣れたバッグが出て来ました。
res_IMG_7089_sec.jpg
コレはノーマルX-Liteで既にお馴染みの専用バッグProのロゴは入っておらず全く同じ物。

早速開けてみましょう。
res_IMG_7090_sec.jpg
同じくクッション緩衝材が入ってます。オマケが入っている分、切込みが多い。

ジャジャ~ン。
res_IMG_7091_sec.jpg
まだビニールに包まれたままですけど。勿体つけます。

付属品

付属品を広げて見てみます。
res_IMG_7101_sec.jpg
内容はNormalなX-Liteと殆ど同じ。

先ずは大きな紙に裏表モノクロ印刷されたマニュアル。
res_IMG_7102_sec.jpg
内容はコチラのFrSkyホームページでも御覧頂けます。ワタクシは読まずに感覚でやっちゃう派。(でも結局わからないところは見て確認する派)

続いては、お馴染みのFrSkyステッカー
res_IMG_7103_sec.jpg
いつもとちょっと違うって気付きました?

ココが新しくなってます。
res_IMG_7104_sec.jpg
新プロトコル『ACCESS』のステッカー。

因みに今迄のはこう。
res_IMG_7105_sec.jpg
サヨウナラACCST。。。アリガトー!(葬式鉄気分)

小物の付属品がまとめて入った小袋。
res_IMG_7106_sec.jpg
中身は精密マイナスドライバー/目隠し蓋/ジンバル調整用イモネジ(ロング)ジンバル調整用イモネジ(ロング)を本体裏から取り付ける事で、スティック縦方向のバネを無効化する事が出来ます。(要するにスロットル用)

Free GIFTって書いてあるけど、多分お値段の中に”込み”になっているであろう18650バッテリー対応の蓋。
res_IMG_7107_sec.jpg
コレ、単品で購入するとマジカッ!?って思うくらい結構するんですよね~。アリガタヤー。(因みに単品販売は【コチラ】

こんな感じ。
res_IMG_7108_sec.jpg
単独で見ても何だかワカリマセンよね。

18500バッテリー用のノーマルの蓋(勿論短い方)と並べてみました。
res_IMG_7109_sec.jpg
全然長さがちゃいますわ。

片足だけ付け替えてみると違いは一目瞭然。(あ、画像にある通りジンバルスティック保護用カバーも付属してます)
res_IMG_7110_sec.jpg
18650バッテリーの方が容量が大きいので、これからはコッチの長い方を活用して行きますかね~。(専用ケースには入らなくなるけど)

製品仕様

ホームページ上に掲載されている内容ですけど、一応コチラにも転載しておきますね。


本体ディテールチェック

お待たせ致しました。それでは本体を見て行きましょう。
res_IMG_7111_sec.jpg
本体色は紺色でシックな感じが致します。

ジンバルスティック用保護カバーを外してみました。
res_IMG_7114_sec.jpg
本体のは別として… 本体の重さや形状、実際に手で持った感じもノーマルX-Liteとの違いは感じられません。

並べてみました。
res_IMG_7113_sec.jpg
ね? 外見は殆ど同じでしょ。目立っているのは操作ボタンの色がブラックになった位? 所々カラーが違う?

本体下側にある各種端子も同じ。
res_IMG_7115_sec.jpg
左からイヤホンジャック/真ん中上段がMicroSD/下段がMicroUSB/SmartPort。見た目には今までと同じなんですが、この最新タイプの送信機はMicroUSB端子から搭載したバッテリーの充電も出来るんだとか?

コチラが向かって左側。Mode2ならスロットル側のジンバルですね。
res_IMG_7116_sec.jpg
MC12 Lite all-metal CNC デジタルホールセンサジンバルの操作感はどうでしょう? チラッと触ってみただけでは違いはワカリマセンでした。(ワタクシの鈍感力のお陰)

コチラが向かって右側。
res_IMG_7117_sec.jpg
ボタン類がブラックに統一されててカッチョエエ。

電源ボタンも勿論Black
res_IMG_7119_sec.jpg
FrSkyロゴ部分も黒地にシルバーでカッコいいんじゃないっすか。

本体裏面。
res_IMG_7120_sec.jpg
ケースの素材や形状自体はノーマルX-Liteと全く同じだと思います。

電波認証の表記。ノーマルX-Liteはプリント文字でしたが、X-Lite Proになって型押し?立体的に文字が刻まれております。
res_IMG_7121_sec.jpg
発売前に情報があった通り、FCCCEはあるけど残念ながら”技適”のマークは御座いません。

外部モジュール用の裏蓋を外して見ました。
res_IMG_7122_sec.jpg
ココもノーマルX-Liteと同じ。日本国内で合法的に運用するには、専用のアダプター”技適モジュール”を組み合わせて装着する事になります。(詳しくは【コチラ】の記事を御覧下さい)

コチラが右側ジンバルスティックの裏側。
res_IMG_7142_sec.jpg
中心寄りのイモネジ(2mm-HEX)ジンバルスティックの操作抵抗調整用。外側の空いている穴に付属のイモネジをセットすると、Mode1用に右側スティックの縦方向バネを無効化出来ます。

コチラが左側ジンバルスティックの裏側。Mode2ならこの内側の穴に付属のイモネジをセットする事で左側スティックの縦方向バネを無効化出来ます。
res_IMG_7141_sec.jpg
外側のイモネジはジンバルスティックの操作抵抗調整用。

ワタクシはMode2なのでこんな感じでイモネジをセットします。
res_IMG_7143_sec.jpg
res_IMG_7144_sec.jpg
イモネジにはロングショートがありますので、取り付けの際は間違えない様に要注意。間違えると破損します。

バネを無効化するとこんな感じ。
res_IMG_7145_sec.jpg

本体上部右肩はこんな感じ。
res_IMG_7123_sec.jpg
X-Lite Proになって外見でわかる一番大きな機能変更点はココ! 左右両肩にモメンタリープッシュスイッチが一つずつ(合計二つ)追加されました。コレはタイマー操作等に使うので超嬉しい♪

コチラが左肩。
res_IMG_7124_sec.jpg
このスイッチの追加で、ドローン用ならもう物理スイッチ不足に悩まされる事は無いでしょう。

真ん中の外部アンテナ端子(RP-SMA Female)
res_IMG_7125_sec.jpg
送信モジュールも強化されたのか?変更があったのか?ちょっと不明なんですけど、内部送信モジュールを使う予定は無いので蓋は閉めたままにしときます。

バッテリーはこんな感じでハンドルグリップ部に搭載します。
res_IMG_7147_sec.jpg
+端子側にポッチの無いバッテリーじゃ無いと入りませんので御注意を。(保護基板付きもNG)

その他、比較の為ノーマルX-Liteのディテールも見てみたい方はコチラの記事をどうぞ♪
『FrSky Taranis X-LITE 送信機 サクッとレビュー!①【Unbox編】』

MC12 Lite all-metal CNC digital hall sensor gimbal

X-Lite Proになって、操縦の際の一番重要なパーツ『ジンバル』グレードアップしましたので、少し詳しく見て行きましょう。
res_IMG_7126_sec.jpg
指の触れる部分”スティックエンド”は最初から滑り難い尖った形状の物になってますね。

スティックのシャフト部分も少し太くなってます。
res_IMG_7127_sec.jpg
ノーマルはちょっと細くて頼りない感じがしますもんね。(操作感や機能性とは関係無い) こうしてアップで見てみると、ジンバルその物の形状もノーマルタイプとは微妙に違っているのがわかります。

因みにコチラがノーマルのジンバル。
res_IMG_7128_sec.jpg
スティックエンドはオプションで別の滑り難い形状の物(ショートタイプ)に変更しております。

並べて見比べます。
res_IMG_7129_sec.jpg
長さ(高さ?)の違いはスティックエンド次第ですので気にしないで下さいw

ストック(工場出荷状態)のスティックエンドでも別に問題は無かったのですが、シャフト径もノーマルと同じ様ですので色々着せ替えてみましょうか。
res_IMG_7130_sec.jpg
折角ですから。

コチラがX-Lite Pro標準スティックエンド
res_IMG_7134_sec.jpg
形状的には悪く無いけど、何でこのカラーが採用された? 合わなくね?

コチラがノーマルX-Lite標準スティックエンド
res_IMG_7131_sec.jpg
滑り易くて評判の悪い皆が真っ先に換えちゃうアレです。

並べてみました。
res_IMG_7132_sec.jpg
長さや色は同じだけど、滑り難くなっているか?は重要なポイント。
res_IMG_7133_sec.jpg
それにしても… ホント何で標準でこの色をチョイスしたの?

今現在ワタクシのノーマルX-Liteにつけているショートタイプのスティックエンドも一緒に。
res_IMG_7136_sec.jpg
このギザギザが重要なのよ。偉い人にはワカランのです!?

早速、X-Lite Proショートタイプスティックエンドを装着してみました。
res_IMG_7135_sec.jpg
やっぱコッチの方がカッチョイイ。

オプションで購入したセットの中にはロングタイプも入ってます。
res_IMG_7137_sec.jpg
コッチも着けてみるか?

おほっ?w 結構飛び出しちゃってるけど・・・
res_IMG_7138_sec.jpg
実際に操作してみると、意外とコレは良いかも??

ちょっと暫くはコレで運用してみたいと思います。
res_IMG_7139_sec.jpg
操作抵抗を少し硬めに調整すると凄くイイ感じ(自分的に)なりました♪(見た目もね)

実際の操作感等はまた実フライトが済んでからという事で。
res_IMG_7140_sec.jpg
当レビュー記事を作成して行く内にノーマルジンバルと何度も触り比べたので、段々何となくノーマルジンバルとの感触の違いがハッキリと感じられる様になって来ました。やっぱり、絶対スムーズになってるよね?コレ。

最後に

そんなワケで、今回は最新X-Lite Pro送信機を詳しく見て参りました。レビュー記事を作成しつつ設定等を進めなければならない為、少し時間が掛かってしまう事をお許し下さい~w
次回はファームウェアの確認/更新をし、現在稼働中のX-Lite送信機からモデルファイル等を全て引っ越しする作業を進めて行きたいと思います。コレで今ワタクシが使っているX-Lite送信機は引退ですかね~…。(一応、バックアップ予備用として保管して置く予定)

乞う御期待。


よろしくどうぞ~

関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【34件】
2019年 08月 【35件】
2019年 07月 【46件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

Geelang Hobby X-UFO 85X 4K 3-4S Cinewhoop 完全レビュー!②【内部チェック編】 2019/10/19
コレは本気で欲しい!コードレス高圧洗浄機【Xiaomi JIMMY JW31】 2019/10/17
大注目のCinePickが遂に入荷!【iFLIGHT CinePick120 4S】 2019/10/17
Makerfireから6周年記念セールのお知らせ 2019/10/17
Eachine Twig 115mm 3インチ HD version 完全レビュー!③【FCセッティング編】 2019/10/17
カメラやゴーグルのクーポン情報【Banggood】 2019/10/15
もう電○なんて言わせない!?新型WOWSTICKプレオーダー中!【WOWSTICK SD】 2019/10/14
【技適付】Jumper T16 Plus ホールセンサージンバル 完全レビュー!④【XM+受信機ファームの書換え編】 2019/10/14
予告していたのと違うけど格安VTX情報!💦【Eachine ATX03S】 2019/10/14
レーサー機搭載用?ブラシレス二軸ジンバルが新発売! 2019/10/14

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。