TOP > Jumper T8SG V2.0 Plus Multi-protocol > Title - 【技適付き】Jumper T8SG V2 Plus サクッとレビュー♪②【Check detail&カスタマイズ編】

【技適付き】Jumper T8SG V2 Plus サクッとレビュー♪②【Check detail&カスタマイズ編】

【技適付き】Jumper T8SG V2 Plus サクッとレビュー♪①【Unbox & バッテリーケース編】の続きです。


外観ディテールをチェックしよう

前回の記事からまた暫く時間が空いてしまいスンマセン!
早速、外観を詳しく見て行きましょうか~♪
res_IMG_5070_sec.jpg
思っていたより大分”小ぶり”なんですよね。後で他との比較もしてみましょう。

そんじゃまぁイキナリ裏面から見てみましょうか。
res_IMG_5071_sec.jpg
裏面にはこの受信機の象徴でもある”技適”シール。なんか保護シールとか貼らないと、すぐに文字が擦り消えてしまうんだとか?

此方は拡張ベイ
res_IMG_5072_sec.jpg
外付けの拡張モジュールを付ける為に使用するのですが、技適なマルチモジュールを搭載したこの送信機にとってはもはや無用の長物でしょう。塞いじゃって良いと思います。

一応開けるとこんな感じ。
res_IMG_5073_sec.jpg
ココでXM+受信機のファームを書き換える事が出来るなら、まだ利用価値もあっただろうに…。(調べたところDeviation送信機では書換え方法が無い様です。FrSky送信機をお持ちじゃない方は、コチラのツールを使って書き換えるのがお手軽そうです)

拡張ベイに収まっていたのは中身空っぽのダミーBOX
res_IMG_5074_sec.jpg
モジュール用ケースとして実際に使えますので、自分で加工してモジュールを搭載する事も可能です。(何の為?)

Rev3の特徴で、裏面の両サイドには指を掛ける小さなグリップが追加されてます。
res_IMG_5098_sec.jpg


お次はアンテナ部分。
res_IMG_5075_sec.jpg
このアンテナは脱着式になっているのですが、他の送信機の2.4GHzアンテナと比べると短くてコンパクトですね。更に折り畳めるので持ち運びの際は取り外さなくてもまぁ大丈夫そうです。

残念な事に送信機側のコネクタがFrSkyとは逆のSMA-Femaleになっている為、そのままではアンテナに互換性がありません。(変換コネクタを使えばfrSkyのアンテナも使用可能)
res_IMG_5076_sec.jpg
ここのアンテナ端子がちゃんと固定されていない個体もあるそうなので、実際に使用する前に確認しておきましょう。

同じく、送信機上部にはPCと接続する際に使うMini-B USB端子
res_IMG_5077_sec.jpg
PCに繋げてシミュレーターの操縦をする際も。

反対側にはイヤホン端子があります。
res_IMG_5078_sec.jpg
ココにイヤホンを繋げばテレメトリーの音声とか出るのでしょうか?(普通はそう)

コチラがホールセンサージンバル
res_IMG_5081_sec.jpg
ストックの状態でワタクシにとってはユルくも無くキツくも無く程良い操作感。

スティックの径はM3ですね。
res_IMG_5082_sec.jpg
スティックエンドは2分割式。まぁチープな感じの物が付いてますw

トグルスイッチは左右対称に3個ずつ。
res_IMG_5095_sec.jpg
向かって左の手前がDB3ポジションスイッチ。上面に付いてるG2ポジション

サイドにはアナログのダイヤル。飛行機とか飛ばす時には使うのでしょうか?(ドローンならジンバル操作に良いかも)
res_IMG_5097_sec.jpg
左側はAUX4。(何故数字?)

向かって右側も同じく。
res_IMG_5092_sec.jpg
手前のCA3ポジション。上面のH2ポジションモメンタリースイッチ(固定されないバネで戻るタイプ)は一つもありません。

コチラも同じくアナログダイヤル
res_IMG_5093_sec.jpg
コッチはAUX5
レーシングドローンではほぼ使うシチュエーションは無いかと。

コチラが電源スイッチ
res_IMG_5103_sec.jpg
押しボタン(タクトスイッチ:ポチポチなるやつ)式で、電源ONは押すだけ(赤色LEDが点灯)、電源OFFは長押し(LED消灯)です。


メニュー操作ボタンを見てみましょ。
画面サイドの向かって左にあるのが上段Confirm Key下段Exit Key
res_IMG_5091_sec.jpg
ペコペコしていて〇ープ感たっぷりw

向かって右側にはMenu direction Key(上下左右)
res_IMG_5090_sec.jpg
コチラも同じくペッコペコw

内部はどうなってるの?

レビューの醍醐味?禁断の内部を見てみましょうか~!
パッカ~ン。
res_IMG_5418_sec.jpg
裏にある6本のプラスネジを外し、両肩の黒いプラパーツを外すとアッサリ分離できます。

コレが両肩にある黒いプラパーツ。
res_IMG_5420_sec.jpg
パチッとハメこんであるだけ。

本体裏面には配線もスイッチも付いていないので、本当にただパッカーンして外せます。
res_IMG_5419_sec.jpg
この辺の簡素な作りが…分解するには楽で良いですね。あ、バッテリーケース部分もネジで外せそうですので、Lipo化等の改造も簡単に出来そうです。

追記折角また開けたのでバッテリーケース部分をもう少し詳しく見てみました。
res_IMG_5435_sec.jpg
ケース自体は裏蓋にネジ4本で固定されてます。

外すとこんな感じ。
res_IMG_5436_sec.jpg
何か色々加工し易そうな作りですね。

コチラがケースを外した後の裏蓋部分。
res_IMG_5437_sec.jpg

外したバッテリーケース。
res_IMG_5438_sec.jpg

コチラが内側。
res_IMG_5439_sec.jpg

これがT8SG V2.0 Plusの内臓。
res_IMG_5421_sec.jpg
ワタクシが見て来た送信機の中では、コレはとてもシンプルな作りだと思います。

コチラがMode2スロットル側のジンバル
res_IMG_5423_sec.jpg
ホールセンサーとはセンサーの種類であってベアリングが有るとか無いとかは別のお話。まぁでもコチラのジンバルはベアリングもボールベアリングっぽいですね。

コチラがエレベーター/エルロンスティック側。
res_IMG_5424_sec.jpg
コチラはセンターポジションにする為のパーツが付いてます。

面白いのは両スティックのバネ。
res_IMG_5426_sec.jpg
ココまで簡略化出来るのか?って感じで前後左右のバネはこの一本だけで賄ってます間違いを御指摘頂きました嘘つきましたゴメンナサイ!)。このバネは左右方向用の物でした。バネの強さをキツくしたい場合はこのプラスネジを締め込みます。

追記御指摘頂き確認したところ、上下方向のバネも別に存在してました。(よく確認もせずテキトースンマセン)
res_IMG_5440_sec.jpg
此方もバネをキツくしたい場合はネジを締め込んで下さい。

再度こちらがスロットル側。
res_IMG_5427_sec.jpg
この金属の板をネジで締め込む事でスロットルの操作感を重くする事が出来ます。

コチラが心臓部のマルチプロトコル送信機モジュール
res_IMG_5429_sec.jpg
コレのお陰であれもこれもどんな受信機でも繋げちゃう事が出来るんですよっと。

そしてコチラがその通信モジュールのアンテナ接続部。
res_IMG_5428_sec.jpg
シッカリと・・・付いている様に・・・見えます。

トグルスイッチの配線も見ておきましょうか。
res_IMG_5430_sec.jpg
当たり前ですけど、3ポジションスイッチには3本、2ポジションスイッチには2本の配線。スイッチ自体は一般的な物ですのでモメンタリースイッチにも交換出来そうですね。

反対側も同じく。
res_IMG_5431_sec.jpg

一応基板のプリント部分。
res_IMG_5432_sec.jpg
Versionとかは特に詳しく書かれていないのですね…。

逆さまだけどメインのCPUも。
res_IMG_5433_sec.jpg
F1世代なんだ・・・。


これ以上特に変わった見所も無いので中身の紹介はこんなところでしょうか。

画面表示を軽く御紹介

今回は軽く画面表示程度だけ御紹介させて頂きます。
電源をONにするとバイブとブザーと共にDeviationのスプラッシュ表示。
res_IMG_5104_sec.jpg
黒バックに黄色文字はカッコイイし見易くて良いですね♪

起動直後はこんな謎機体モデルの表示。(X68ヘキサ? 富士通の昔のパソコンの名前みたい)
res_IMG_5105_sec.jpg
コレが標準の画面でモデル名&画/トリムの状態/スロットル状態/タイマー/送信機バッテリー電圧/送信出力が表示される様です。

取り敢えずConfirmキー(決定キーみたいな?)を押してメニューを出してみます。
res_IMG_5107_sec.jpg
実はワタクシまだ全然弄っていないので詳しい内容はココでは省略させて頂きますw 後で一緒に学んで行きましょ♪

搭載されたDeviationファームバージョンだけでも確認しておきますか。
res_IMG_5106_sec.jpg
大まかにはDeviationファームV5.0系なのでしょうね。多分。(ホントわかって無くてスンマセン)

内容が良く分かっていない操作方法はこの辺までにしときましょう。

大きさの比較

実際の大きさがどんな物なのか?他の送信機等と比較してみましょう。

先ずは形状は異なる物の同じくコンパクトタイプで価格帯も似通ったFrSky Taranis X-Lite送信機
res_IMG_5110_sec.jpg
幅などは殆ど同じですかね? でも、品質と言うか高級感はX-Liteの方が価格以上…数段上に感じます。実際の操作感はまだワカリマセン。

比較対象が謎?ですけど、マイクロブラシレス機のDiatone R239と並べてみました。
res_IMG_5111_sec.jpg
R239の実機を知っていらっしゃる方になら、このT8SG V2 Plusのコンパクトさもお分かり頂けるでしょう。

もう少しわかり易く、フルサイズ送信機Taranis X9D+と並べてみます。
res_IMG_5112_sec.jpg
あ~もう、大人用子供用みたいな感じの大きさの違いがあります。

この大きさの違い、慣れるまで少し掛かりますかね?
res_IMG_5113_sec.jpg
まぁでも何事も”慣れ”が大事ですので、使い続ければきっと手に馴染んで来るハズ・・・です。

外観をカスタマイズ

少しでも早く手に馴染む様に?手持ちのパーツで少しカスタマイズしてみましょうか。
もうチラチラ画像で出ちゃっているのでお気付きの方も多いとは思いますが、まずはジンバルスティックエンドの交換。
res_IMG_5085_sec.jpg
コチラが元の状態。

で、手元に余っていたM3タイプスティックエンドと比較。
res_IMG_5083_sec.jpg
左がノーマル。う~ん…微妙っちゃビミョウだけど、見た目だけでも変われば良いかw

交換するとこんな感じ。
res_IMG_5084_sec.jpg
ほんの少しシャレオツになった?(気のせい?)

続いては送信機スタンド
res_IMG_5115_sec.jpg
本来は左右対称にハシゴの様な形で付ける物なんですけど、重いし邪魔だしカッコワルイのでワタクシは片側仕様にしてます。

そう、X9D+の残りの片方を付けたのでコレも余り物。
res_IMG_5117_sec.jpg
一つ買えば送信機2個に付けられるので何か得した気分?になれますよ~。(しかもちょっとカッチョイイ)

最後はトグルスイッチに滑り止めのシリコンキャップを被せれば完成。
res_IMG_5114_sec.jpg
なんとな~~~く、ちょっとだけ見た目が良くなった様な?やっぱ気のせい??

最後に…

そんな感じで今回は送信機その物の詳細を見てまいりました。
次回からはいよいよ初期の設定やらなんやらやって行きましょう。いや、まだワタクシ全然わかって無いんですけどね。Deviationの説明書見ながら、最初はモデル設定とバインド位が出来れば良いかな~?みたいな。
ガンバリマスデス。


よろしくどうぞ~

関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

海外通販特集

Eachine Flash Deals iFlight Brand Deals Flysky & FrSky Promotion Geekbuying SALE

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 08月 【17件】
2019年 07月 【46件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

SKYSTARS TALON X110 完全レビュー!③ 【FCセッティング編】 2019/08/17
RunCam5のクーポンとかX9-Liteの技適とかとかとか 2019/08/16
Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop 完全レビュー!②【機体整備&FCセッティング編】 2019/08/16
Eachine RedDevilがV2に進化してる!?【Banggood】 2019/08/16
本日の到着品! 2019/08/15
我慢出来ずにSKY03Oをポチポチポチーッ! 2019/08/14
Diatone GTB339 Cube 3inch入荷とかアホみたいに安い送信機のクーポン情報など【Banggood】 2019/08/13
Skystars Gost Rider Big Pick X120 ビルドレビュー!①【Unbox&前処理編】 2019/08/12
SPCMaker Killer Whale 115 完全レビュー!①【Unbox&Check Detail&機体整備編】 2019/08/10
Toothpickの第二波(第二世代?)が続々登場! 2019/08/09

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
ウェブマスターはここでお金を稼ぐ!
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。