TOP > OpenTX 設定等 > Title - OpenTX 2.2.3への更新+便利な設定例を御紹介【Taranis】

OpenTX 2.2.3への更新+便利な設定例を御紹介【Taranis】

久しぶりにTaranisをパソコンに繋いだら、OpenTX2.2.3への更新のお知らせアラートが出たので全て更新する事に致しました。
OpenTXCompanion22_1.jpg
※このオープニングスプラッシュは『OpenTX2.2.*』で共通です。


OpenTX Companionの更新

PCに古いバージョンのOpenTX Companionがインストールされていると、起動スプラッシュの後にこんな感じで『新しいん出てはりますけどダウンロードしまっか?』のダイアログが出て来ます。(因みにワタクシの今迄の環境はOpenTX2.2.2
OpenTXComp22Update.jpg
ココで『はい』を選択するとダウンロードがスタート。

ダウンロードのゲージが伸びて行くので100%になるまで待ちます。
OpenTXComp22UpdateDown.jpg
確かダウンロードが終わるまで1~2分程度?

ダウンロードが終わったら『はい』を押してインストーラを起動。
OpenTXComp22Updateinst.jpg

次々確認画面が出ますので、確認したらとにかく進めて行きます。
OpenTXComp22Updateinst1.jpg
『I Agree』

OpenTXComp22Updateinst2.jpg
『NEXT』

OpenTXComp22Updateinst3.jpg
『NEXT』(長げぇ…)

OpenTXComp22Updateinst4.jpg
ココで漸く『Install』が出て来たのでポチッとな。

OpenTXComp22Updateinst5.jpg
Installが終わったら『NEXT』

OpenTXComp22Updateinst6.jpg
はい、コレで無事インストールが完了しました。このまま起動しちゃいましょ。

送信機用ファームの更新

Companionを新しくしたら、お次は送信機自体のFirmwareバージョンアップをして行きます。

起動すると最初にこんなダイアログが出ます。
OpenTXComp22Updateinst7.jpg
コレは要するに『今アンタのPCにダウンロードされている送信機用のファームは以前の物だから、今すぐに新しいファームをダウンロードしちゃう?』みたいな問い。
ココでダウンロードしても良いのだけれど、まぁ今回は落ち着いて設定等を見直しながら手順通りにダウンロードして行く事にします。

先ずは上のメニューバー『Settings』から『Radio Profiles』更新する送信機のProfileを選択してから、Settingsに進みます。
OpenTX223-1.jpg
ワタクシの場合、同じCompanionTaranis X9D+X-LiteFlysky FS-NV14の3つのOpenTX送信機を管理しているので、送信機ごとに別々のProfileを3つ分用意してます。今回の画面の例ではTaranis X9D+を使用してみますね。(実際にはX-Liteも更新しました)

Settingsで送信機の設定が終わったら、ダウンロードのアイコンをクリック。
OpenTX223-2.jpg

するとこんなウィンドウが開くので『Download firmware』をクリックして任意の場所に保存しておきます。
OpenTX223-3.jpg
コレはほんの数秒でダウンロードが終わります。既に送信機をPCに接続した状態で作業をされていた場合は、次に『このままインストールしちゃう?』なダイアログが出ますのでそのままインストールしちゃって下さい。

その辺の送信機ファームウェア更新についてはコチラの記事でも御紹介しておりますので併せて御覧下さい。

【OpenTX】マルチプロトコルモジュールIRX4のTaranisへの導入方法について【Taranis】

Taranisへの『iRangeX IRX4 マルチプロトコルモジュール』の導入時に躓かれる方も結構いらっしゃる様ですので、今更で申し訳御座いませんが、今回はその導入方法を御説明させて頂きます♪...

Bootloaderの更新 【Taranis X9D+ SE】

この作業、やる意味が有るのか?無いのか?ワカランのですが...

あ、そうそう。忘れちゃいけないのが『SD card Contents』の更新が必要な場合もあるってところ。既にSDカードの中身がOpenTX2.2.*以降になっている場合は必要無いのですが、それ以前の内容のままでしたら『Download SD card Contents』を押して新しい物をダウンロードし、SDカードの中に書き込んで下さい。

因みに、このファームウェア更新作業では送信機内に入っているモデルデータなどは消えません。でもまぁ、一応アイコンのSaveを押してモデルデータのバックアップも取っておきましょうね。(先に『Read Models and Settings From Radio』を押してOpenTX Companionに送信機内の設定状況を読み込む必要があります)

Jumper T12の場合

Mixiコミュの方から、同じくOpenTXを搭載しているJumper T12についての情報を頂きましたのでコチラに掲載させて頂きます。

Jumper | JumperTX

Jumper, the home of the T8SG Multi-protocol radio. Fly all your models on one transmitter!

※此方はJumper社のHPで専用のOpenTXファームを配布している様です。

・関連Githubページはコチラ。
https://github.com/schumixmd/opentx/tree/pre-built-firmware

Bootloaderの更新

やる必要があるのかどうか?はワカリマセンが、簡単な作業ですので送信機の”Bootloader”もついでに更新しちゃいましょう。

先ずは先程、送信機のファームウェア更新に使用したダウンロードして来たファームウェアファイルを、名前が長過ぎるので簡単に短く『opentx223.bin』にリネームして送信機のSDカード内『FIRMWARE』フォルダに入れておきます。

後は普通に送信機を起動して、メニュー画面から『SD CARD』を選び・・・
res_IMG_5406_sec.jpg

『FIRMWARE』フォルダを選択。
res_IMG_5407_sec.jpg

その中に先程入れて置いた『opentx223.bin』長押しで選択して・・・
res_IMG_5408_sec.jpg

後は『Flash bootloader』を選んでENTボタンを押せば書き換えが始まります。
res_IMG_5409_sec.jpg
書き換え自体はほんの一瞬、数秒程度で終わります。

ね?拍子抜けするほど簡単でしょ~。
こんなに簡単な作業で更新出来ますので、サクッと更新してバージョン数値をあわせた方が気持ち良いですよ?(なんとなく)

Logical Switchesを使ったタイマー設定例

皆様もTaranis送信機のタイマー機能は便利に使用されていると思いますが、今回はワタクシの使っているちょっとだけ複雑なLogical Switchesを使ったタイマー設定方法を御紹介させて頂きます。(普段はあまり自分の設定をお見せする事は無いのですが…)

ワタクシはTaranisを使い始めて間もない頃は、下記画像の様にタイマーの開始は単純にスロットルと連動しているだけの設定を使用しておりました。
OpenTXComp223Timerdef.jpg
タイマースタートトリガー『THs』にして、スロットルがOFFじゃ無い間だけタイマーが動く様な設定。
コレでもまぁ飛行中にタイマーが動くので良いと言えば良いのですが…実際には飛行していない時にスロットルスティックを触っちゃってタイマーのカウントだけが勝手に進んでいたり、バッテリー交換の際にタイマーリセットするのを忘れちゃって、飛ばし始めてすぐにタイマーが騒ぎ出しちゃったりw

コレでは”OpenTXの力”を全然使えて無いですよね~。
OpenTXには『Logical Switches』という、設定した条件によってスイッチを動かしたりする事が出来る簡易なプログラミング機能?が備わっております。
今現在のワタクシの送信機設定では、この機能を使ってもう少し便利にタイマーを管理する様にしておりますので、下記にその設定例を御紹介させて頂きます。

先ずは『Logical Switches』でこの様な設定をしておきます。
OpenTX223-LS-2.jpg
因みに、『SE』スイッチはワタクシの設定では”Arm⇔Disarm”に使用しており、SE↑DisarmSE↓Armの状態です。(中間のSE・は一応Disarm状態)

『L01』にワタクシが設定した条件は、”SEが↓に入っている(要するにArm)状態でスロットルがOFF(-100)では無い状態”の時に発動するトリガー
コレは”Armした状態でスロットルが動いている時がこの『L01』と言うスイッチですよ”と言う定義付けです。(数値は自分のお好みで。スロットルを10%以上開けている時だけカウントが進む様に…とか)

そして『L02』に設定している条件は、”SEが↑に入っている(Disarm)状態でスロットル開度が5%未満の状態が25秒続いたら発動”するトリガー。(此方もお好みで。勝手にリセットされるのがイヤでしたら、逆にスロットル位置を半開以上にしている時だけとかも指定できます)
コレは”Disarmの状態でスロットルがOFF近くの位置で25秒が経過したら『L02』ですよ”と言う定義付けです。

この条件を設定した2つの『Logical Switches』を使ってタイマー動作をもう少し便利な物にします。

先ずは通常のタイマー動作への設定。
OpenTX223-LS-1.jpg
タイマーの作動スイッチを『L01』に設定する事で、Disarm状態でスロットルスティックを触ってしまったとしても無駄にタイマーのカウントが進んでしまう様な事は起こりません。Arm状態でスロットルが動いている時のみタイマーのカウントが進みます。

次はSpecial Functionsへの設定。
OpenTX223-LS-3.jpg
SF14/SF15トリガー『L02』タイマーをリセットする様に設定してます。こうする事で”Disarm状態でスロットルスティックがOFF付近の位置にある状態が25秒間続くと、タイマーが自動でリセットされる”設定の出来上がり。バッテリー交換の際には勿論Disarmにしてますし、スロットルスティックも基本的にはOFFにしてますよね。
コレでバッテリー交換時のタイマーリセット忘れは防ぐ事が出来ますよ♪(あ、因みにSF13は自動タイマーリセットが作動した際わかり易い様に音を鳴らしてます)

最後に

こんなに便利な使い方が沢山あるOpenTX
今回はほんのさわりだけ御紹介させて頂きましたが、まだまだ他にも便利な使い方や、同じ動作をさせるにももっと良い方法があったりもしますので、今後も色々と研究を続けて行きたいと思います!(いや、気分次第だろ…)

気まぐれで、また何かの際に他の設定を御紹介させて頂く事が…需要があれば…ある…かも?知れません。
この記事が何方かのお役に立てれば幸いです~♪


よろしくどうぞ~

関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

海外通販特集

Flysky & FrSky Promotion 2019 Summer Prime Sale Main 2019 Summer Prime Sale RC Battery Charger Mid Year Promotion SALE Geekbuying SALE

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 07月 【25件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

GEPRC PHANTOM Toothpick FPV Racing Drone 完全レビュー!②【FCセッティング編】 2019/07/14
コレはきっと実用的な4K-CineWhoop 【BATTA GRT-4K】 2019/07/14
Diatoneも参戦…だと!?【Diatone GTBシリーズ】 2019/07/13
iFLIGHT CineBee 4K 完全レビュー!③ 【FCセッティング編】 2019/07/13
安い内に補充しておくのです… 補充しておくのです…【VTX03S】 2019/07/12
早速オリジナルToothpickフレーム発売!?【URUAV UR12】 2019/07/11
iFlight TurboBee 120RS 4S Version 完全レビュー!③【FCセッティング-PID調整編】 2019/07/11
またまたゴイスーなクーポンを沢山御紹介させて頂きやす【Banggood】 2019/07/10
バージョン違いのBetaflight Configuratorを同じPC内に混在させる方法 2019/07/09
ワタクシ的に気になった新製品色々【Banggood】 2019/07/09

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
ウェブマスターはここでお金を稼ぐ!
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。