> > > Ultra Power UP-S4AC 1S/2S x4 マルチ充電器 サクッとレビュー♪

Ultra Power UP-S4AC 1S/2S x4 マルチ充電器 サクッとレビュー♪

”より良いドローンライフの為には、先ず充電環境から整えましょう。”
街ですれ違ったファンキーな爺さんが、ヘッドスピンをしながらそんな事をつぶやいてました。(フィクション)

そんなワケで、今回も最近のドローン事情に合わせたとても便利なマルチ充電器新製品を御紹介させて頂く事となりました。
先日御紹介させて頂いた様な多機能なバランス充電器までは必要無いけど、ココ最近流行り出している2S-Whoopをもっと気軽に楽しみたいな~なんていう方には正にピッタリなこのマルチ充電器

早速、サクッとレビュー行ってみましょう♪


製品仕様

入力電圧:AC100-240V / DC 7.0V-17.0V
充電器電源:Max.7WX4、±10%
充電電流:(0.1-1.0A)X4、±10%
対応バッテリータイプ:Lipo / LiHV /ニッケル水素/ニッカド
電池セル数:Lipo / LiHV(1-2セル)
ニッケル水素/ニッカド(2-6セル)
表示:LCD表示画面+ LEDライト
サポートバッテリーポート:SM / XH /マイクロ/ MX / JST / MCPX
正味重量:220グラム
外形寸法:125X78X42mm

Unbox & 付属品

それでは外箱から見てみます。
res_IMG_5341_sec.jpg
折角の製品画像がシールで隠れてます。

箱の横にはプラグタイプの表記。
res_IMG_5342_sec.jpg
残念ながら、またEUプラグですか…。海外通販で充電器を購入すると、選択肢が無い場合は大体EUプラグなんですよねぇ。

箱の裏には仕様の記載。
res_IMG_5343_sec.jpg

早速開けてみます。
res_IMG_5344_sec.jpg
本体と付属品で箱にピッタリ収まってます。

中身を全部出してみました。
res_IMG_5345_sec.jpg
大した付属品もなくシンプルですね。

付属のマニュアル
res_IMG_5347_sec.jpg
res_IMG_5348_sec.jpg
いつもの事ながら全部英語表記ですわ。まぁ使い方は簡単なのでサラッと目を通しておきましょう。

電源コードについて

コレが付属のEUプラグ
res_IMG_5349_sec.jpg
当然ながらこのままではここAmerica & Japanでは使えませんので、変換プラグ等が必要になって来ます。(付属してませんでした)

Amazon等でこんなのを用意すれば良いかと。
res_IMG_5350_sec.jpg
もしかしたら百均でも売ってるかもですね?

こんな感じでセット完了。
res_IMG_5351_sec.jpg
一番簡単なのはこの方法なのですが…(なんせウチにはこの変換プラグ、沢山転がってるから)

こんなメガネケーブルを用意しても良いですね。
res_IMG_5360_sec.jpg
コレなら変換プラグは無くても使えます。(ウチにはコレも余っていたので今回はコチラを採用)

本体画像

本体を詳しく見て行きましょう。
res_IMG_5352_sec.jpg
思っていたより重量も作りもシッカリしてます。

コチラが液晶画面と両サイドに操作ボタン
res_IMG_5353_sec.jpg
左に『SELECT』ボタン、右に『SETTING』ボタンがあり、操作はこの二つのボタンだけで行います。

コチラが前面。
res_IMG_5355_sec.jpg
コチラが後面。
res_IMG_5358_sec.jpg
前後と左右は対称の作りとなっており、全部で4本のバッテリーを同時に充電する事が出来ます。(4本は異なる種類でもOK)

対応するプラグタイプはこちらの6種類
res_IMG_5354_sec.jpg
ココで気を付けないといけないのは、ケーブルの無いタイプのPH2.0プラグバッテリー(要するにWhoop用のスティックタイプ)の場合は、左右で同時に挿し込もうとすると左右の間隔が狭い為バッテリー同士が干渉してしまうという、構造的な欠陥が有ります。(画像ではmCPXの部分) これではケーブル無しPH2.0(mCPX)は2本までしか同時充電出来ませんのでお気を付け下さい。

と、サイドにまわってコチラがDC電源用のXT60コネクタ
res_IMG_5356_sec.jpg
屋外等で大型のLipoバッテリー(2~4S)から給電する際や、XT60タイプの出力のあるAC/DCアダプタ等から給電する際はコチラ。

反対サイド。
res_IMG_5357_sec.jpg
AC電源(コンセント)はコチラから。

ワタクシが用意したメガネケーブルもコチラに挿し込みます。
res_IMG_5361_sec.jpg

最後に裏面。
res_IMG_5359_sec.jpg
滑り止め以外には何も無いツルッとした構造。

実際の操作方法等

それでは実際に操作してみましょう。
res_IMG_5363_sec.jpg
本体に電源スイッチ等は無く、電源ケーブルを本体に挿し込み、コンセントを挿し込むと電源が入ります。起動時は本体スプラッシュと入力電圧が表示され、その後この画面になります。

そこから『SELECT』を一度押すと、充電時の一口あたりの電流値の表示。
res_IMG_5364_sec.jpg
充電口は4カ所ありますが、電流値の設定は4ヵ所共通になる様です。

ココで『SETTING』ボタンを押して電流値を設定。数値が決まったら『SETTING』ボタンを長押しする事で設定を保存します。
res_IMG_5365_sec.jpg
セットできる電流値は0.1~1.0Aまでとなっており、1S/2Sのバッテリー充電なら問題の無い電流量だと思います。

再度『SELECT』ボタンを押すと(TOP画面からは2回)、全体の充電口バッテリータイプの選択となります。
res_IMG_5368_sec.jpg
ココでは『SETTING』ボタンを押す度に、全充電口の設定が”Lipo→LiHV→NiMH”と切り替わります。(設定を保存する場合はまた『SETTING』ボタン長押し

因みに、『SETTING』ボタン長押し設定の保存中にはこんな表示が出ます。
res_IMG_5370_sec.jpg
一瞬ですけどね。

再度『SELECT』ボタンを押すと(TOP画面からは3回)、各充電口ごとのバッテリータイプの選択も出来ます。
res_IMG_5401_sec.jpg
各充電口は個別に設定を変える事が出来ますので、こんな感じで別々のタイプのバッテリーを充電する事も可能ですね。(但し、電流値は共通なので注意)

バッテリーのコネクタを挿し込むと対象口のLEDランプ赤く点灯し自動で充電が始まります。(『ピッ』と少し大きめなブザー音も。ちょっとウルサイ)
res_IMG_5371_sec.jpg
画像は先日届いたばかりの『Gaoneng 2S-300mAh-LiHV』バッテリー。2Sの場合はバランス端子から充電を行います。
※この方法は先日御説明させて頂いた『バランス充電』とは異なる方法と思われます。簡易的に2Sバッテリーを充電する方式、各セルごとに1S分の充電を行っているものだと思います。(後程詳しく)

充電中は液晶画面に現在の電圧/充電量/電流値が切り替わりながら表示されます。(2Sの場合は各セルごとに)
res_IMG_5375_sec.jpg
充電作業中に設定変更出来るのは電流値だけの様です。

充電が終わるとブザー音と共にLEDが緑に点灯。(やっぱブザーウルサイ)
res_IMG_5396_sec.jpg
画面にはFULLの表示と、充電中と同じく電圧/充電量が切り替わりながら表示されます。

操作は至って簡単、コレなら2Sまでのバッテリーを気軽に同時充電する事が出来ますね。

2Sの充電は簡易式

ちょっと先ほども軽く触れた2Sバッテリーの充電方式。
この作業で充電済みの2Sバッテリーのバランス状態ISDT BG-8Sチェッカーで見てみましょうか。
res_IMG_5398_sec.jpg
あ~やっぱり少しバランスが崩れてますね。簡易式の場合、仕方が無いと言えば仕方が無いんです…。ただ、このズレは充電口の各セル充電電圧の検知精度の問題ですので、セル電圧が崩れて充電される充電口では今後同一バッテリーでも他のバッテリーでも毎度同じくセルごとの電圧が崩れて充電される事になります。

多セルバッテリーはバランスが崩れたままの状態にして置くのも良く無いので、ISDT BG-8Sチェッカーでバランスを整えておきましょう。
res_IMG_5400_sec.jpg
もしかすると電圧差の出ない充電口もあるかも知れないので、各充電口で一度チェックした方が宜しいでしょう。

内部はどうなってるの?

ちょっと内部構造も見ておきましょうか。(改造もしたいし…【自己責任】)
res_IMG_5383_sec.jpg
分解する為のネジは滑り止めの下に隠されております。

パッカーン。
res_IMG_5384_sec.jpg
結構詰まってますねー。(見てもよくワカランのです)

フムフム。
res_IMG_5385_sec.jpg
コレが上段基板の裏側。

コチラが表側。
res_IMG_5386_sec.jpg
液晶や操作ボタンはコチラ側です。

そしてコチラが下段の充電心臓部。
res_IMG_5391_sec.jpg
何か沢山危険そうなパーツがあるので、絶対に通電したまま開けちゃダメですからね!

ブザーの改造

ちょっと音が煩いブザーにテープを貼って蓋をして音を小さくしたいと思います。

ブザーの位置は上段基板のコチラ。
res_IMG_5387_sec.jpg
コレが剥き出しだと音が煩いんですよねぇ。(どんな機材でも)

だからこうしてテープで塞いじゃいます。
res_IMG_5388_sec.jpg
これでも必要十分な音量があるので、元からこうしてくれればいいのに。

ブザーの穴部分から音が出るのでそこを塞ぎます。
res_IMG_5390_sec.jpg
コレでバッチオッケー。

後は元通りに組み上げれば完成。
res_IMG_5394_sec.jpg
滑り止めもちゃんと戻しておきましょ。

他製品との比較

折角ですので、今ワタクシが愛用中の1S用マルチ充電器『HTRC X4 Micro Multi Charger』と見比べてみましょうか。
res_IMG_5379_sec.jpg
大きさ的にはUP-S4ACの方が少し小さいです。

『HTRC X4 Micro Multi Charger』も同じく4本同時充電(Lipo/LiHV)が出来て、更に各充電口ごとに電流値も設定出来て良かったんですけどね~。
res_IMG_5380_sec.jpg
これからの時代は2Sバッテリーを充電する機会も増えるでしょうから、此方のUP-S4ACの出番が増えると思います。

最後に

そんなワケで今回は2S対応のマルチ充電器をレビューさせて頂きました。普通のバランス充電器では基本的に充電口一つにつきバッテリー一本の充電しか出来ませんので、この様な多セル用マルチ充電器と言うのは今後どんどん需要が増えて行くのでは無いか?と思われます。

何より、気軽に簡単に複数本のバッテリーが充電出来るのは魅力的ですよね!


今回のレビューも最後まで御覧頂き誠に有難う御座いました。
御協力頂いたBanggoodさんにもこの場を借りて御礼申し上げます。


よろしくどうぞ~

関連記事

ブログ内検索

カテゴリ

openclose

海外通販特集

過去ログ

2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【39件】
2019年 09月 【34件】
2019年 08月 【35件】
2019年 07月 【46件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【50件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

タグクラウド

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)
後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。



楽天