TOP > Jumper T8SG V2.0 Plus Multi-protocol > Title - 【技適付き】Jumper T8SG V2 Plus サクッとレビュー♪①【Unbox & バッテリーケース編】

【技適付き】Jumper T8SG V2 Plus サクッとレビュー♪①【Unbox & バッテリーケース編】

皆さま、お祭りはお楽しみ頂けてますでしょうか?

税関にお泊りで開封の儀は済まされちゃった状態でしたけど、ワタクシの手元にも無事届きましたのでサクッとレビューさせて頂きたいと思います!
『Jumper T8SG V2.0 Plus Hall Gimbal Multi-protocol Advanced 2.7" OLED Transmitter』
JumperT8SGPlusBG.jpg
※あら…お祭りに乗り遅れた方残念。お値段が上がっちゃってます…。


Jumper T8SG V2.0 PlusのRevisionについて

事後になってしまった様で申し訳無いのですが・・・

最近になって入ってきた情報によりますと、どうやら今流通している『Jumper T8SG V2 Plus』にはRev1からRev3までの3タイプが存在しているらしいのです。しかも、何処でどれが手に入るとかでは無く、同じタイミングで同じ販売店から購入した物でも、Rev2の物もあればRev3の物もあるという…ちょっと厄介な状態です。

各Revisionによる違い

・Rev1技適シールの付いていない初期タイプの物。
・Rev2技適シール付き。形状は初期タイプと同じ物。バッテリーケースは単3x4本タイプが付属。
・Rev3技適シール付きバックパネルに指を掛けるストッパー(突起)がある。バッテリーケースは単3x4本タイプ18650x2本タイプの2つが付属。バッテリースロット部もソレに合わせて内部が拡張されている。

ココ最近でBanggoodから届いた方達の御報告によりますと、Rev2Rev3が混在している様ですね。(技適シールはどれも付いてます)

ワタクシは幸いな事に、最新バージョンのRev3が届きました。この辺は完全に運任せの様ですので、Rev2が届くのかRev3が届くのかは届いてみるまでのお楽しみという事でしょうか?


Unbox

それでは気を取り直しまして、Unbox行ってみましょう~。
先ずは外箱から。
res_IMG_5052_sec.jpg
おぉ~なかなか立派な作りの外箱。硬いっス。

ちゃんと外箱にも『技適』シールが貼られてます。
res_IMG_5055_sec.jpg
まるで呪いでも掛けられたかの様に今迄ギテキ~ギテキ~~とつぶやき続けて来た御病気の方?も、コレで安心して眠る事が出来ますね~♪

箱の裏側。
res_IMG_5060_sec.jpg
軽く仕様とどんな受信機でもバインド(接続)出来ちゃうんだってばよな表記。

オープン!
res_IMG_5056_sec.jpg
マニュアルが一枚とその下には本体の入ったケース。

マニュアル
res_IMG_5057_sec.jpg
res_IMG_5058_sec.jpg
res_IMG_5059_sec.jpg
Englishで色々書いてありますが、ボタンの名前と場所以外は後で日本語マニュアルでお勉強しましょ。

そしてコレが本体ケース
res_IMG_5061_sec.jpg
持ち運びの際に重宝しますね♪ それにしても、思っていたより小さいな?

開けてみると…
res_IMG_5062_sec.jpg
何かワシャワシャ入ってます。

出してみました。
res_IMG_5063_sec.jpg
いや~小さい! これまたWhoop用にピッタリな送信機じゃ無いですか。

付属品
res_IMG_5064_sec.jpg
この付属品を出した時がRev2Rev3判明の分かれ道…。

res_IMG_5065_sec.jpg
PC接続用のMini-USBケーブル

res_IMG_5069_sec.jpg
ハデハデなネックストラップ

res_IMG_5066_sec.jpg
ジンバル(操作スティック)のバネを追加したりする用のパーツ。

コチラが標準装備で付いて来るバッテリーケース
res_IMG_5067_sec.jpg
単三電池x4本で稼動出来るのですが、ウワサによるとJumperシリーズ普通の単三電池では電圧不足に陥り易く、とても使えた物じゃ無いというのが定説の様です。その為、エネループなどの充電池やアルカリ電池などでの運用は実用的では無いとの事。でも、ちょっとワタクシなりにRev2の人でもLi-ion電池を使える秘策を考えてみましたので、後程詳しく御説明させて頂きますね!

コチラがRev3の証である18650Li-ionバッテリーx2本が使えるバッテリーケース
res_IMG_5068_sec.jpg
コレが付属して来た方はおめでとうございます。

取りあえず、その辺に転がってた充電済みの18650バッテリーを入れてみました。
res_IMG_5100_sec.jpg
+側に突起のあるタイプは無理矢理突っ込まないと入りませんね。突起の無いタイプの18650を使った方が良いと思います。(ワタクシも後で手持ちのコレと入れ替えます)

そしてお待ちかね、コチラが本体
res_IMG_5070_sec.jpg
ん~~、何と申しましょうか・・・ ハッキリ言わせて頂きますと… オモチャっぽいですw

安心して下さい。
res_IMG_5119_0sec.jpg
ちゃんと技適シール付いてますから。

ちょっと細部については次回御紹介させて頂くとして…


バッテリーケースについて

問題のバッテリーケース部分を今回はクローズアップして見て行きましょう。
コチラが標準の単三x4本バッテリーケースが入った状態。
res_IMG_5051_sec.jpg
電源の接続はケースから出ているバランスケーブルで行います。

ケースを取り外した状態。
res_IMG_5048_sec.jpg
少し上に切り込みがあって、このスペースのお陰で18650x2本バッテリーケースを入れられる様になってます。

因みにコチラが御提供頂いたRev2バッテリースロット部の画像。
DyYGop9V4AUjepE.jpg
切込みが無い為、18650バッテリーの厚みを入れられる程のスペースが有りません。

Rev318650x2本バッテリーケースを入れるとこんな感じ。
res_IMG_5102_sec.jpg
もしこのケースをRev2で使うとなると、バッテリースロット部の加工が必要の様ですね。。。


標準の単三バッテリーケースでLi-ionを使う

res_IMG_5120_sec.jpg
まさかこんなところに落とし穴があったなんて… ガッペmk2k


res_IMG_5121_sec.jpg
あぁ・・・愛しの18650バッテリーケース・・・





いやいやちょっと待って下さい。

res_IMG_5122_sec.jpg
何とかして標準の単三電池ケースでもLi-ionバッテリーを普通に使えないか?とワタクシなりに考えてみましたよ。

実は、世の中には単三電池サイズLi-ion電池っていうモノが存在してるんです。(1.5Vじゃ無いからね!)
『MECO 3.7V 1200mAh Rechargeable 14500 Li-ion Battery』
14500Meco4pcs.jpg
単三電池のサイズは海外ではAAサイズと呼ばれているんですけど、そのAA電池と同じサイズのLi-ion乾電池が14500サイズと言う物なんです。但し、この14500Li-ion乾電池は通常の単三乾電池とは放電電圧が違い、単三電池が1本あたり1.5Vなのに対して14500Li-ionは普通のLipo等と同じ3.7(4.2)Vの放電電圧になっております。

「なんだ、それじゃあ4本入れたら電圧オーバーになっちゃうしやっぱり使えないじゃない。」


そんな時に使うのがコチラのダミー電池っていう便利パーツ。
AF.jpg
コレ自体には放電能力は無く、ただ電気を通過させるだけの物です。
先程の14500バッテリーを2本入れ、残りの2本をこのダミー電池に置き換えてしまえば、見た目は単三4本を入れている様に見えるけれど、実は2Sバッテリーでの運用になるって言う算段です。

この方法なら、バッテリーケース等無加工で2S化が出来ちゃうんじゃないでしょうか?
※私自身は実際に試してはいないので、試される方はモチロン自己責任でお願いします。

追記使用者から報告のある14500

Mixiコミュメンバーの方から、実際にダミー電池と一緒に使用している『14500Li-ionバッテリー』について情報を頂きましたので、後続の方の為にコチラに掲載させて頂きます。

『KEEPPOWER P1450C 800mAh 保護回路付』
KEEPPOWER800mAh.jpg

『TrustFire 14500 900mAh リチウムイオン充電池 PCB回路搭載』
TrustFire900mAh.jpg

全く余裕はなくギリギリらしいのですが、上記の様な”保護回路付”14500バッテリーでも一応使えるそうです。ラベル部分が擦ったりするそうなので、搭載する時は方向に注意を。

最後に…

次回はもう少し詳しく細部を見て行くのと、外観を自分流にカスタマイズして行きたいと思います♪
res_IMG_5125_sec.jpg



よろしくどうぞ~

関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

ブログ内検索

海外通販特集

Flysky & FrSky Promotion 2019 Summer Prime Sale Main 2019 Summer Prime Sale RC Battery Charger Mid Year Promotion SALE Geekbuying SALE

カテゴリ

openclose

過去ログ

2019年 07月 【25件】
2019年 06月 【33件】
2019年 05月 【33件】
2019年 04月 【35件】
2019年 03月 【43件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【45件】
2018年 12月 【39件】
2018年 11月 【34件】
2018年 10月 【43件】
2018年 09月 【50件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【42件】
2018年 06月 【51件】
2018年 05月 【45件】
2018年 04月 【44件】
2018年 03月 【39件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【51件】
2017年 12月 【46件】
2017年 11月 【53件】
2017年 10月 【44件】
2017年 09月 【41件】
2017年 08月 【43件】
2017年 07月 【36件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【40件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【24件】
2016年 11月 【23件】
2015年 05月 【1件】

Google翻訳

関連商品

最新記事一覧

GEPRC PHANTOM Toothpick FPV Racing Drone 完全レビュー!②【FCセッティング編】 2019/07/14
コレはきっと実用的な4K-CineWhoop 【BATTA GRT-4K】 2019/07/14
Diatoneも参戦…だと!?【Diatone GTBシリーズ】 2019/07/13
iFLIGHT CineBee 4K 完全レビュー!③ 【FCセッティング編】 2019/07/13
安い内に補充しておくのです… 補充しておくのです…【VTX03S】 2019/07/12
早速オリジナルToothpickフレーム発売!?【URUAV UR12】 2019/07/11
iFlight TurboBee 120RS 4S Version 完全レビュー!③【FCセッティング-PID調整編】 2019/07/11
またまたゴイスーなクーポンを沢山御紹介させて頂きやす【Banggood】 2019/07/10
バージョン違いのBetaflight Configuratorを同じPC内に混在させる方法 2019/07/09
ワタクシ的に気になった新製品色々【Banggood】 2019/07/09

タグクラウド

ブログランキング

プロフィール

drone4

管理人:drone4
ドローン沼にドップリ浸かって遊んでます。(遊ばれてます!?)

後続の方の為にドローンについて何か少しでも多くの情報を残せれば…と言う思いから立ち上げたブログです。

御覧頂いている皆様と趣味の話題で楽しむ場です。悪意を持った方や不快に思われた方は、今すぐブラウザを閉じてブックマークからこのブログを消して下さい。そんなアナタがもうこのブログを見なくなる事で、アナタも私も御覧頂いている皆様もきっと誰もがハッピーになれますよ♪
誠に申し訳御座いませんが迷惑行為が多くなってしまった為、コメント機能は削除させて頂きました。

今後、何か御質問がある方はMixiの『ドローン友の会』コミュ内でどうぞ♪

※当ブログはレビュー用に各業者様から製品を御提供頂いている関係もあり、記事内にはアフィリエイトリンクを含んでおります。【リンクはレビューのコードを含んでいる為、今後のレビュー活動の糧になります。御理解を頂き御協力に感謝致します♪】
ウェブマスターはここでお金を稼ぐ!
【免責事項】
※モチロン、当ブログに掲載された内容は他人の違法行為を助長する目的では御座いませんので、予め留意して頂いた上で御覧下さい。
※”日本国内での法令や制限”につきましては、各自必ず御自分で御確認頂いた上で自己責任の下行動して下さい。
※当ブログを御覧頂いてる方に例え何らかの不具合/障害/損害が発生したとしても、当方は一切の責任を負いません。
※本ブログに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性/有用性/完全性等、如何なる保証をするものでも御座いません。 例え掲載記事内容に誤りがあった場合でも当方は一切責任を負いません。

まぁ、そんなんで良ければヌル~イ感じでヨロシクどうぞ~。